夜明けまで15,000マイル

私マンプリのトロピカルなマイレージ生活をセキララに語っちゃいます!
Home » 2014 » 11月

天ぷらうどん放浪記~手打うどんまつや空港通店編 

天ぷらうどん放浪記~手打うどんまつや空港通店編 

―1

―2

―3

シッコク!シッコク!

シッコク!シッコク!

そう。

私ゃ、こないだ、遥か、四国へと出張させて頂いたのであった。

いで湯と城と文学のまち、松山市。

小松から朝一の便で、羽田で乗り換えると、
あらま!?お昼前には到着してしまったぞ。

結構、遠いようで、意外と近いのである。

で。

松山空港から、市街地までは割合近く、バスに揺られて30分も掛からない。

私は、颯爽と松山市駅前に降り立つと、おおぅ、ちょうどランチタイムなのである!

しからば、せっかく四国まで来たのだし、栄えある一発目の食事は、

手打うどんまつや空港通店 店前

もう、パツーン!と松山うどんなのであーる!!

ほんで、今回、私がラブリーチョイスさせて頂いたのは、
地元の名店の一つ、「手打うどんまつや空港通店」さん。

んが―。

松山市駅から歩いてみると、もうねぇ、遠い!遠い!

30分くらい歩いてしまったのである。

まぁ、健康のためには、歩いた方が良いんだけどさ、
と言いつつ、全く見知らぬ土地で、よくぞ、ここまで辿り着けたのである。
(実際、散々、人に道を聞き倒している)

ところが―。

手打うどんまつや空港通店 メニュー

歩いて歩いて歩き倒して行くだけの価値は確かにあった!

あぁ、昭和ロマン

かなーり年季の入った店内の造作の一つ一つに、もう、ウットリ。

風格まで漂っているようだ。

しかも、さっすが、うどんの本場の四国だけあって、すうどんが330円!

リーズナブルプライス!

おにぎり

大層、腹が減っていた私は、早速、おにぎりを注文させて頂き、
プラス、

おにぎりと天ぷらうどん

天ぷらうどんだぜ、コンチクショーーーーーーっ!

しかも、大盛り。
オトナゲナシ!)

手打うどんまつや空港通店 麺

堪らず、ズルズル掻きこむと、OH!MY!GOD!の、ンマーイ!ンマーイ!ンマーイ!

讃岐うどんのように硬くもなく、金沢うどんのようにホチャホチャになるまで柔らかくもなく、
ちょうど良い硬さで腰もある。

しかも、この薄い色のお出汁が、超ンマーイ!のである。

何だろう?

金沢の人は、甘辛い出汁か鰹がやや前のめりに利いた出汁を好む方が多いが、
「まつや」さんの出汁は、ほんわかとしたマイルドな旨味が、舌の上に、じんわり広がる。

これが「いりこダシ」と言う奴なんだろうか?

こんな味は、中々、金沢ではお目にはかかれないなぁ。

しかも、所変われば品変わると言うように、
こちらのお店の天ぷらは、さながら掻き揚げのように麺上に鎮座し、
その衣の中に小振りの海老がプリプリ幾つも投入されている。

これもこれで非っ常に良い具合なのだなぁ。

アツアツのおにぎりと共に、
天ぷらの衣が少しづつ溶け出しかかった出汁を絡めた麺を口いっぱいに頬張ると、

シッコク!シッコク!

ポンと突き出たお腹も、更に愛おしくもなって来る。

松山は良い街なのだ。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 土居田駅

天ぷらうどん放浪記~手打うどんまつや空港通店編  はコメントを受け付けていません。

春のこない冬はなし

春のこない冬はなし

風邪を引くわ、アレルギーが出るわ、散々な11月・・・・・。

仕事も仕事で、大分、煮詰まって来て、ナントご無体な11月・・・・・。

しからば―。

香箱ガニ

今年お初の香箱ガニでも頂いて、日頃の鬱憤を晴らしてやるぜーーーーっ!なのであーる!!

そして、熱めの熱燗2合を加えれば、たちまちリカバー、木枯らしの夜。

春のこない冬はなし はコメントを受け付けていません。