夜明けまで15,000マイル

私マンプリのトロピカルなマイレージ生活をセキララに語っちゃいます!
Home » Archive by category '温泉'

霧島国際ホテル ディープ・ライジング

霧島国際ホテル ディープ・ライジング

そろそろ大分飽きが来てる読者の方もおられようが、
いやいやいや、
まーだまだ、しつこく続く九州旅行の話。

正直、細かい部分は、段々、記憶が怪しくなっては来ているものの、
(だって、もう2ヶ月も経っちゃってるんだもの!)
それがまだぼんやりと輪郭を留めている中に、サクサク話を進めさせて頂く事にしよう。

九州旅行三日目の夜は、霧島温泉だった。

霧島国際ホテル 玄関

そう。

私が昨年浸かって、めーっちゃ感動したあのお湯よ再び!

と言う事で、今回は、「霧島国際ホテル」さんを利用させて頂いたのであった。

霧島国際ホテル 部屋からの眺望 湯煙!

そう言えば、霧島温泉って、霧島◯◯ホテルって名称が、矢鱈と多いなぁ。

昨年泊まったのは「霧島みやまホテル」さん。

それ以外にも、「霧島観光ホテル」だの、「霧島ロイヤルホテル」だの、
ただ単純に「霧島ホテル」なーんて言う奴もある。

おかげで、自分が予約したホテルの名前を、
危うく忘れてしまいそうになってしまったっちゅうねん!

霧島国際ホテル 部屋

でも、まぁ、この「霧島国際ホテル」さんは、比較的料金もお安く、
(一人6,800円の朝食付き。別途、入湯税180円。)
従業員の方々も非っ常に愛想らしくて、いやぁ、中々、良いホテルなのである。

そして―。

霧島国際ホテル 廊下

たちまち荷物を部屋に放り込んだならば、
ィィィヤッホーーーーーーイッ!
温泉♪温泉♪温泉ターイム!なのであーる!!

このホテルには、複数の温泉があるようで、
取りあえず、「別館露天風呂 白紫」と言う奴に向かう事にした。

霧島国際ホテル あっと驚く為五郎

何やよう分からんけど、長い長い渡り廊下の壁には、
昔の映画のポスターが、あちこち飾られてあったりして、結構、面白い。

そして、そんな昭和の香りを頂きつつ、ようやくお目当ての露天風呂まで何とか辿り着くと、

霧島国際ホテル 露天風呂

ヲヲヲヲヲヲヲヲ!

こりゃまたケッコウ!

指パッチン!

と言う事で、張ーり切って、いざ白濁の快楽へ!

するってーと。

霧島国際ホテル 露天風呂

いやぁ、およそ一年ぶりとなる「単純硫黄泉」。

この独特の硫黄臭は、やっぱ、温泉好きには堪らない匂いなんだなぁ、これがまた。。。。。。

しかも、このお湯、さっすが源泉かけ流し!めーっちゃ熱いのである。

足を浸けた瞬間、思わず逃げ出してしまいそうになるくらい、もうチンチンなのである。

だが―。

ここで怯んではいけない。

最近、私は分かって来たのである。

お湯は、熱けりゃ熱いほど、気ン持ち良いのである。

熱いのをグッと堪えて堪えて、パツーン!と悪い汗を絞り出し、
フラッフラになった後で呑むビールが、もう涙がチョチョ切れるくらいンマーイ!のである。

霧島国際ホテル 馬鹿と露天風呂

従って、そんな、キンキン、冷え冷えのビール三昧を夢想しながら、
こーってりと白濁の湯に浸かりつつ、
至極ご満悦な時間は、飛ぶように走り去って行く。

あぁ、やっぱ、霧島のお湯は格別だぜ、コンチクショーーーーッ!

もつろん、霧島の夜は、「焼肉厨房わきもと」さんで頂くと決めているのであり、

霧島国際ホテル 喫煙所

風呂上がりに軽く一服を挟みつつ、
霧島は徐々に男咲きの夕闇を迎える。

霧島国際ホテル ディープ・ライジング はコメントを受け付けていません。

霧島みやまホテル 独占!男の60分

鹿児島 霧島温泉郷 霧島みやまホテル

しっぽりとコレもんで! いざ、温泉♪温泉♪温泉♪

で、私が、ドッヒャーン!と280kmも車を飛ばしてやって来たのは、
鹿児島県、霧島温泉にある、「霧島みやまホテル」さん。

一泊朝食付きで、一人7,000円のプラン。

鹿児島 霧島温泉郷 霧島みやまホテル 部屋

まぁ、お値段相応と言う事で、割合、古めのホテルだったんだけど、
部屋は小ザッパリとしていて、掃除も、結構、行き届いていた。

また、従業員の方々も気さくな方が多く、応対も、アットホームな感じで、中々、良い。

とは言え、館内にはエレベーターっちゅう物がなかったから、
重い荷物を持って、階段をエッチラオッチラ上らなくてはならず、
いやぁ、私のような腰痛持ちには、ちとキツかったんだな、もし~。。。。。。。

ま、ホテルにエレベーターが設置されてないって事は、
電話予約時に説明があったので、一応、織り込み済みだったんだけどね。

鹿児島 霧島温泉郷 霧島みやまホテル 窓からの眺め

ほんで、部屋の窓からヒョイっと外を覗いて見ると、
あらま!?
我々御一行が、その晩食いに行こうとしている焼肉屋が、もう目の前!?


大きな地図で見る

取り敢えず、焼肉屋の在り処は、事前にGoogleMapを使って調べてはいたんだけど、
まさか、こーんなに近いとは思ってもみなかったなぁ。

道理で、焼肉屋の方がこのホテルをオススメしてくれる訳だ。

ところで―。

鹿児島 霧島温泉郷 霧島みやまホテル 屋外貸切露天風呂へGO!

そんな待望の焼肉を前に、私は、パツーン!と身を清めるべく、
張り切って温泉へと突撃させて頂く事にしたのであった。

ちなみに、館内には5ヶ所の温泉があり、そのいずれも貸し切り風呂として利用できる。
(露天風呂3ヶ所、内湯2ヶ所)

ほんで、露天風呂は、全て屋外にあるのだそうで、
私はフロントで鍵をもらい、一人、その露天風呂に向かったのであった。
(何やよう分からんけど、露天風呂へと向かう入り口に、シマウマのオブジェが立っている。)

鹿児島 霧島温泉郷 霧島みやまホテル 貸切露天風呂

まず、私が選んだのは、並んで一番奥にある、小さめの露天風呂。

鹿児島 霧島温泉郷 霧島みやまホテル 只今入浴中

入浴する際は、こうしてドアノブに「只今入浴中」の看板をぶら下げておくのがルールなんだそうな。

もつろん、内鍵も掛けられるようになっているので、婦女子の方々もご安心。

そして―。

鹿児島 霧島温泉郷 霧島みやまホテル 貸切露天風呂

ズババババーーン!

ようやく念願叶っての露天温泉なのであーる。

いやぁ、ありがたいなぁ。

こうして、源泉かけ流し100%の露天風呂を、一人、独占できる幸せと来たら。

鹿児島 霧島温泉郷 霧島みやまホテル 貸切露天風呂 湯の花

早速、ザブンと湯船に身を沈めてみると、
湯内に、ふんだんに舞い踊っている湯の花、湯の花、湯の花。

あぁ、ここは、紛れもない、正真正銘、間違いなしの、本物の温泉なのであーる。

含硫黄-ナトリウム-塩化物温泉(低張性 弱アルカリ性 高温泉)。

硫黄の匂いがややキツイが、いやぁ、もうトロけるくらい良いお湯なのである。

おかげで、

鹿児島 霧島温泉郷 霧島みやまホテル 貸切露天風呂

大層、気を良くした私は、勢い余って、温泉のお代わり!?

一旦、フロントに戻って鍵を返却し、新たにもう一つの露天風呂の鍵をお借りさせて頂く。

しかも、今度はやね、

鹿児島 霧島温泉郷 霧島みやまホテル 貸切露天風呂

もう、ドッヒャーン!と露天風呂大なのであーる。

これまた、ぜーんぶ独り占め。

何と言う贅沢!

何と言う快楽!

鹿児島 霧島温泉郷 霧島みやまホテル 貸切露天風呂

先のお湯で、とうにノボセアガッテしまってるっちゅうのに、
ほっこり、ゆっくり、湯船に浸かりつつ、日頃のお疲れを、しんなりと落とさせて頂く。

あぁ、極楽、極楽。

しかも、当然、お湯から上がっても、身体中が、温泉効果でポッカポカ。

二度目の露天風呂を後にし、フラフラ、ホテルへ引き返そうと歩き出してみると、
火照った身体に、湯上りに吹いて来る風の、ナント心地の良いことよ。

おおぅ、不肖、マンプリ、霧島温泉、大満喫なのであーる!

かくして―。

私の、対焼肉屋の戦闘準備は整った。

もう、熱めのお湯で、身体を絞って絞って絞り倒して、ヘロッヘロになるまで、
カツーン!とこの日の晩飯に賭けていたのである。

頭がキーンとなるくらい冷えっ冷えのビールを、
たーっぷりと五臓六腑に流し込んでやるぜ~~~~っ!

などと意気込みつつ、出掛けに、ホテルのレストラン前を通り過ぎようとしたら、
思わず、ノンベの虫がピクリと動いてしまった。

鹿児島 霧島温泉郷 霧島みやまホテル 焼酎 魔王

ありゃま!?

魔王が普通においてあるではないか!?

しまった、ここのホテルの夕食付きプランの方が良かったのか????

とーんでもない。

これから行く焼肉屋は、そーんな一角のプレミアム焼酎を放っぽっといてでも、
ガツーン!と行く価値は十二分にある、めーっちゃ素ン晴らしい焼肉屋なのであった。

霧島みやまホテル 独占!男の60分 はコメントを受け付けていません。

和倉温泉 総湯でござる

12月 28th, 2011 Posted in 温泉

しばれるのぉ。

やはり、こーんな寒い季節には温泉だっちゅう事で、
おおぅ、よく考えたら、新装してから1回も行ってなかったぞ、
和倉温泉、総湯へと行かせて頂いたのであーる。

和倉温泉 総湯

あれま!?

建物も新しくなって、以前とは、ぜーんぜん雰囲気が違っちゃってではないか。

和倉温泉 総湯

何やよう分からんけど、「わくたまくん」なんて銅像まで出来てるし。。。。。。

和倉温泉 総湯

足湯も、エライ立派になっちゃってるし。。。。。。

どっちかってーと、昔の鄙びた感じの方が好きだったんだけど、
まぁ、良いってことよ。

しばらく経てば、それなりに寂れた味わいも出て来るだろう。

それでは、入浴料420円を払って、とーっくりと総湯に浸からせて頂く事にするのであーる。

和倉温泉 総湯

ガツーン!

と言いつつ、さすがに公衆浴場内での撮影は憚られるので、
何とか、露天風呂に浸かりながら、コソっと1枚。

いやぁ、相も変わらず良いお湯なのである。

もつろん、源泉掛け流しなのであり、
 (加水有り・加温無し・殺菌消毒なし)
ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(高張性弱アルカリ性高温泉)と言う奴だから、
お湯を舐めてみると、めーっちゃショッパイ。

でも、このショッパさが、また身体には良いのだそうで、
温泉から上がった後でも、次から次へと汗が吹き出して来る。

そして―。

和倉温泉 総湯

湯上りの定番と言えば、やっぱフルーツジュースだぜ、コンチクショーーーーッ!!

火照った身体を沈めるべく、もう、一気に臓腑に流し込む。

いやぁ、ンマイ!

そして、そして―。

和倉温泉 総湯

どうしても我慢しきれずに、プラス、コーヒー牛乳まで買っちゃったりしてね。

これまたゴッキュゴキュ飲み干して、もう、シャーワセ!シャーワセ!シャーワセーっ!

だが―。

和倉温泉 総湯

表へ出てみると、
あいや=!このエッライ年代モンの自販機、まだ置いてあるではないか~っ!?

従って―。

和倉温泉 総湯

予てから念願の、HI-Cオレンジまで、ついつい買ってしまったんだよ~ん!

和倉温泉 総湯

思えば子供ン時、ジュースといえば、こうして栓を抜いていたものだったなぁ。

ほんで、何十年か振りに飲む、このHI-Cオレンジが、また格別!

胸に染み入るンマさなのであーる!

思わず、

WO~WO♪

I’m an alien I’m a legal alien♪

I’m a Japaneseman in 入~浴~♪

なーんて事を口ずさむながら、いそいそと帰路へ付く私なのであった。。。。。。

ブログランキング・にほんブログ村へ