夜明けまで15,000マイル

私マンプリのトロピカルなマイレージ生活をセキララに語っちゃいます!
Home » Archive by category '2013年 シチリア サン・ヴィート・ロ・カーポ FIT/家族旅行記'

サン・ヴィート・ロ・カーポのビーチで寝転んで その2

サン・ヴィート・ロ・カーポのビーチで寝転んで その2

だが―

それでも何とか気を取り直して、ザブンと海へ突っ込んで行く。

サン・ヴィート・ロ・カーポ ビーチで悦に入る私マンプリ

やっぱねぇ、せーっかく遥々シチリアまで、やって来たんだもの!

存分にビーチを堪能しなきゃ!

と言う事で、サン・ヴィート・ロ・カーポの岩山を遠目に眺めながら、
悠久の気分で、ホケ~っと海に浮かぶ。

日がな一日、チャプチャプ、チャプチャプ。

そして―。

サン・ヴィート・ロ・カーポ Nastro Azzurroビール

時には、景気付けに、「Nastro Azzurro」ビールをガツンとやっちゃったりなんかしちゃったりしてね。

いやぁ、海辺で呑むビールは、もう抜群にンマイ!のであーる。

と言いつつも―。

サン・ヴィート・ロ・カーポ ビーチ ビーチチェアとパラソル

さすがにヘロっヘロのまま、ホイホイ海へ飛び込んで行く訳にもいかず、
酔っ払った頭をゆっくりと覚醒すべく、ビーチチェアに寝そべりながら、煙草をプハーーッ!

え?ビーチは禁煙じゃないかって?

とーんでもない。

ヨーロッパって、実に喫煙に寛容な国ばかりであり、
ここサン・ヴィート・ロ・カーポのビーチでも、
老若男女問わず、そこいら中で、皆、プカプカ煙草を愉しんでいる。
(そもそもパラソルには灰皿がデフォルトでセッティングされてあるんだよ〜ん。)

私の体験上、煙草に矢鱈とウルサイのは、
ムードに流されやすい国民性の日本と、そして、今や不自由の国アメリカの一部だけ、じゃないのかなぁ?

そして―。

サン・ヴィート・ロ・カーポ ビーチで 京極夏彦著「鉄鼠の檻」

「修証一等と云うが、未だ至らぬ。」

あぁ、相も変わらず、同じ本ばかり

と言いつつ、世界で初めて(多分)シチリアに京極夏彦さんの「鉄鼠の檻」を持ち込んで、
再び、豁然大悟の境地に挑む。

微睡む。

海に浸かる。

そしてまた本に耽る。

そんな素晴らしい一日は、たちまち終わる。

すると、翌日。

もちろん、この日も、ビーチで、ノンベンダラリと存分に呆けようと、勇んで行くと、

サン・ヴィート・ロ・カーポ ビーチ

あらま!?

めーっちゃ、海が透き透きやんけ〜〜〜〜っ!

サン・ヴィート・ロ・カーポ ビーチ

もうねぇ、昨日の海は一体なんだったの???と思ってしまうくらい、水が透明になっちゃってて、
いやぁ、神様の気まぐれにも程があるっちゅうねん!

サン・ヴィート・ロ・カーポ ビーチ

で、大層気を良くして、全く昨日と同じような事を繰り返す。

海に浸かる。

呑んだくれる。

本に耽る。

微睡む。

するってーと。

サン・ヴィート・ロ・カーポ ビーチ

あいや=!

午後から、めーっちゃ水が汚くなって来たやんけ〜〜〜〜っ!?

サン・ヴィート・ロ・カーポ ビーチ

しかも、何やよう分からんけど、泡まで浮いちゃってるし。。。。。。

あぁ、これも大自然の摂理と言う事なのだろうか?

日によって、あるいは時間帯によって、ぜーんぜん海の透明度が違うのであーる!

地中海 海流

と言いつつ、地中海って、地形的に、海が閉ざされちゃったような状態みたいなもんだから、
結構、色んなもんが回遊しちゃってんだろうなぁ。

ささやかながら、Day3が終わる。

サン・ヴィート・ロ・カーポのビーチで寝転んで その2 はコメントを受け付けていません。

サン・ヴィート・ロ・カーポのビーチで寝転んで

サン・ヴィート・ロ・カーポのビーチで寝転んで

軽めの朝食を取った後は、お決まりの―。

ビ、ビ、ビーチだぜ、コンチクショーーーーーーッ!

と言う事で。

サン・ヴィート・ロ・カーポ ホテルからビーチへ向かう道

駆け足で身支度を整えて、早速、ビーチへと向かう。

で。

サン・ヴィート・ロ・カーポ ビーチへ向かう道にて

一晩たっぷり寝たせいか?私ゃ、意外と身体は元気だったんだけど、
家人達は、揃って、ヘロヘロ度(中)くらい。

ま、前日の移動時間が、もう、めーっちゃ長かったからなぁ。

こればっかしは、しょうがない。

と言いつつ、どうせ、この日は、なーんにもしない一日なのだから、
幹事役の私としては、まだ気が楽。

どぞどぞ、海辺で存分にヘタってて下さいな。

サン・ヴィート・ロ・カーポ ビーチの入り口

ほんで、歩いてみると、ホテルからビーチまでは、結構、近い。

トボトボ歩いて、5分もしない中に、ビーチの入り口に辿り着く事ができた。

そっから右手に折れ、暫く砂浜を歩いて行くと、

サン・ヴィート・ロ・カーポ ビーチパラソルとビーチチェア

むふ^^

夏場のバカンス御用達、ビーチパラソルとビーチチェアがあるんだよ~ん!

し・か・も・や・ね。

これらは、ホテルオフィシャルのビーチパラソルとビーチチェアなものだから、
宿泊者は、タダ!で利用する事ができると言う太っ腹!

あぁ、こう言うサービスって、めーっちゃ嬉しいのであーる!
(この手の物って、意外とボッタクリ値段が多いのよ。)

と言う事で―。

サン・ヴィート・ロ・カーポ ビーチチェアに沈没するMY SON

早速、ビーチチェアに沈没するMY SON。

続いて、カミさんも同じくドッポン。

だが―。

サン・ヴィート・ロ・カーポ ビーチにて

私は、取り急ぎビーチチェアに荷物を置くと、
オホッ!
一年振りの地中海に、張ーり切って、ご対面しに行こうじゃぁあ~りませんか!

と言う事で、早速、海辺へ馳せ参じてみると、

サン・ヴィート・ロ・カーポ ビーチ

いやぁ、こりゃまた、良い眺めなんだな、コンチクショーーーーーーッ!

そうそう、私ゃ、この光景が見たかったのである。

およそ一年程前、「イタリア魅惑のビーチ《机直人著 》」に巡り会ってからと言うもの、
このサン・ヴィート・ロ・カーポの岩山を遠目に見ながら、
是非、透っけ透けの海でチャプチャプやってみたかったのである。

あぁ、こうして、念願が叶った時の喜びと来たら・・・・・。

だが―。

いかな神様といえども、万能ではないらしい。

つまり、

サン・ヴィート・ロ・カーポ ビーチ

あいや=!

結構、水が濁ってるやんけ。。。。。。。

そう。

写真で見た、あの見え過ぎちゃって困るの的な透明感が、まーったく鳴りを潜め、
しかも、何やよう分からんけど、色んな浮遊物が浮いちゃてるし。。。。。

あ・・・・・。

さっきまでの高揚感が次第にフェイドアウト・・・・・。

だが―。

サン・ヴィート・ロ・カーポのビーチで寝転んで はコメントを受け付けていません。

Hotel Piccolo Mondo 目覚め

Hotel Piccolo Mondo 目覚め

長い長い移動時間を経て、ようやく辿り着いたホテルのベッド。

疲労困憊に酒の勢いも手伝って、
私は横になると、たちまち落ちるように意識を失ったのであった。

で、翌朝。

意外にも、早々と目が覚めてしまったので、
私は、ふらりバルコニーへ出てみる事にした。

Hotel Piccolo Mondo (ホテルピッコロモンド) バルコニーからのビュー

バルコニーから見て左手のビュー。

おおぅ、到着した時は、もう辺りは真っ暗だったものだから、
何が何やら、さーっぱり様子が分かんなかったんだけど、
こうして明るい日差しの中、周辺を見渡してみると、
ようやくサン・ヴィート・ロ・カーポに来たんだなぁ、と言う実感が湧いて来る。

Hotel Piccolo Mondo (ホテルピッコロモンド) バルコニーからのビュー

ほんで、バルコニーから右手の方へ視線を移すと、奥の方に、微かに海を垣間見る事ができ、
うーむ、一応は、シービューと言う事なのだろうなぁ。

まぁ、ホントは、目の前にドドーン!と海が拡がってくれてた方が良かったんだけど、
こればっかしは、ご予算の都合と言うものもある。

正直、近頃の燃油税の高騰に、
見事に懐具合が飲み込まれてしまっているんだなぁ、これがまた・・・・・。

キャスター7 羽田空港の免税店で購入

そして、ぼんやりサン・ヴィート・ロ・カーポの街並みを眺めながら、
ウホッ!久々のキャスター7を、たーっぷりと吸い込む。

このキャスター7、日本国内では、とっくに販売停止になっちゃってるんだけど、
不思議と、空港の免税店では、まーだシブトク売ってるんだわさ。
(しかも、何やよう分からんけど、BOXタイプになっちゃってるし。)

なので、こうして、一年に一度、巡り会う事ができる幸運に感謝しつつ、
プハーーーーッ!
朝から至極ご満悦なのであーる。

ところで。

私が、事前に宿泊予約させて頂いた部屋っちゅうのがやね、

□ Room Type : N° 1 comfort room for 3 adults, with little balcony(B&B)
□ Rate : €230(税込)×6泊=€1,380

と言うタイプだったんだけど、

Hotel Piccolo Mondo (ホテルピッコロモンド) with little balcony

with little balcony・・・・・・。

Hotel Piccolo Mondo (ホテルピッコロモンド) with little balcony

with little balcony・・・・・・。

た、確かに「小さなバルコニー」には違いないが、
いくら小さいにしても、程があるっちゅうねん!

あぁ、やっぱ、素直に、普通のバルコニータイプにしといたら良かったのだろうか?

だが-。

後からスタッフの方に聞いてみると、
どうも両隣のバルコニー付きの部屋は2人部屋となるらしく、
3人部屋と言う設定は、どうしても、真ん中の、この部屋になってしまうんだそうな。

と言いつつ、私ゃ、煙草を吸いながらぼんやりできたら良いだけなので、
多少窮屈ではあるけども、ま、しょうがないやね。

で、ぷかぷか独り煙草を嗜んでいると、やがて、家人達も、起き出して来て、
そいじゃぁ、1Fに降りて、ゆるゆると朝食タイムと行きますか。

Hotel Piccolo Mondo (ホテルピッコロモンド) 朝食ラウンジ

部屋から出て階段を降りて行くと直ぐ右手に、小さなラウンジみたいなスペースがあって、
めーっちゃ寝惚け眼の我々一行を、スタッフのお姉ちゃんが快く出迎えて下さった。

直ぐに、コーヒーを淹れて下さると言う。

Hotel Piccolo Mondo (ホテルピッコロモンド) コンチネンタルブレックファスト・バイキングコーナー

ほんで、その間に、いそいそとバイキングコーナーへ行ってみると、
ほほぅ、非っ常にシンプルなコンチネンタルブレックファストではあ~りませんか。

Hotel Piccolo Mondo (ホテルピッコロモンド) クロワッサン

と言いつつ、パンの種類は、割合、多く、
チョコクリーム入りのクロワッサンやら、カスタードクリーム入りのクロワッサンやら、
そう言や、この手の組み合わせって、意外と日本では目にしないなぁ。

しかも、このクロワッサンが、また、焼きたて、サクサク、フワフワで、
いやぁ、めーっちゃンマーイ!のであーる!

やっぱ、イタリアって、食の街なのだなぁ、としみじみ。
(と言いつつ、中のクリームはこっちがビックリするくらいに非っ常に甘い!)

Hotel Piccolo Mondo (ホテルピッコロモンド) コンチネンタルブレックファスト

ま、私のようなおっちゃんには、朝食なんてこんなもんで充分でしょ。

ヨーグルトも、こーってりとして、濃厚百発、めーっちゃンマイ!

そして-。

Hotel Piccolo Mondo (ホテルピッコロモンド) 屋上からの展望

腹にパツーン!と栄養が充填されたなら、後は、張ーり切って海へ行くのみ!

一年に一度の大贅沢、トロピカルなバカンスが、ようやくの事、幕を開けたのであった。

Hotel Piccolo Mondo 目覚め はコメントを受け付けていません。