夜明けまで15,000マイル

私マンプリのトロピカルなマイレージ生活をセキララに語っちゃいます!
Home » 2012 » 4月

歌舞伎町 利しり オロチョンラーメンに咽ぶ夜

新宿歌舞伎町 利しり オロチョンラーメン

東京出張。

非っ常にしょーむない宴席はサッサと切り上げた後、私はフラフラと、

新宿歌舞伎町 利しり オロチョンラーメン

新宿歌舞伎町にある名物ラーメン屋、「利しり」へと向かう。

新宿歌舞伎町 利しり オロチョンラーメン タクアンとビール

いやぁ、沢庵をポリポリやりながら呑むビールっちゅうのも、中々、オツなんだなぁ。

新宿歌舞伎町 利しり オロチョンラーメン おつまみセット(チャーシュー、メンマ)

プラス、チャーシューとメンマにネギもっさりの、おつまみセットなんかも注文しちゃったりしてね。

新宿歌舞伎町 利しり ギョーザ

しかも、まるで当然のように、ギョーザまでオーダーしちゃったりしてね。
(毎度の事ながら、どんだけ食うとんねん!)

と言いつつ、このギョーザ、

新宿歌舞伎町 利しり ギョーザ

中には餡もキチンと詰まっており、結構、侮れない味なのであーる。

いやいや、もしかして、私が今まで東京で食べて来たギョーザの中で、
最も好きな味かもしれない。

従って、ビールがビールがススムくんが、この日もまたカツーン!と御登場遊ばされ、
酔いどれ天使、ふにゃふにゃふにゃ。

だが―。

新宿歌舞伎町 利しり みそチョンらーめん

事程左様に、すーっかりと、ぐでんぐでんになっちゃってるにもかかわらず、
〆の一品を注文する事は決して忘れはしない几帳面な男、45歳。

ちなみに、この日は、みそチョンらーめん、辛さ、1。

何でも、この店、辛さを50まで選ぶ事ができるそうなんだけど、
とーんでもない!
辛さ、1でも、額からダラダラ汗が吹き出して来るくらい、超辛いラーメンなのである!?

ところが―。

新宿歌舞伎町 利しり みそチョンらーめん

これだけ、めーっちゃめーっちゃ辛いスープだと言うのに、
これがまたねぇ、良い味出してんだわ。

何でも、スープん中に、スッポンが入ってるそうなんだけど、
妙にコクがあって、ついつい何度も啜りたくなってしまうくらい、非っ常にンマイ!

新宿歌舞伎町 利しり みそチョンらーめん

これと比べると、「蒙古タンメン中本」なんて、ただただ辛いだけだものなぁ。

新宿歌舞伎町 利しり みそチョンらーめん

そして、見よ、この余りに禍々しいスープの色を!

もつろん、この中には、ニンニク爆弾もシコタマ投入させて頂いているのであり、
もう、間違いなく健康には大変よろしくない、あぁ、ナント素敵な色だこと。

うっとり。

と言いつつ、私には、この店でやり残した非っ常に残念な事があるのであった。

実を言うとやね、私ゃ、ここ「利しり」で、チャーハンを食った事がないのである!?

だって、オロチョンラーメンですら、大概、量が多いのである。

張り切ってチャーハンラーメンなんて注文しようもんなら、もう間違いなく自殺行為。

だったら、ラーメンを止めて素直にチャーハンを注文すれば良いのだけれど、
やはり、〆の一品は、ラーメンでこそ。

中年親父の儚い煩悶は、決して止む事を知らない。

関連ランキング:ラーメン | 西武新宿駅新宿西口駅東新宿駅

弓ヶ浜温泉 湯楽亭 夕食編

熊本県上天草市 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

しーっぽりとコレもんで!ウハウハ温泉を満喫させて頂いた後は、
お約束通り、

熊本県上天草市 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

もう、パツーン!と生ビールなのであーる!!

やっぱ、風呂上りのビールは、涙がチョチョ切れるくらいに、かぁっ!ンマかーーーーっ!!
(ちなみにビールは、凍ったグラスで提供される。)

そして、アテには―。

熊本県上天草市 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

もう、ドッヒャーン!と迫力満点の大舟盛り!?

しかも、伊勢エビやら鯛やらヒラメやら、普段ぜーんぜんお目に掛かった事のない魚が、
こ、これでもか!っちゅうくらいのテンコ盛りで御登場なのであーる。

たったの家族三人じゃ、食い切れへんっちゅうねん!

ほんで、これ、ぜーんぶ、この辺の天草の海で、その日の中に揚がった鮮度百発の魚なんだそうな。

熊本県上天草市 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

エビなんて、串に刺さったまま、ビクンビクン動いてたものなぁ。

正直、刺身だけでお腹が一杯になりそうなボリュームだったんだけど、

熊本県上天草市 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

次から次へと、

熊本県上天草市 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

出て来るわ、出て来るわ。

熊本県上天草市 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

お椀でホッと息をついても、束の間、

熊本県上天草市 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

焼き魚やら、

熊本県上天草市 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

アワビの焼いた奴やら、

熊本県上天草市 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

伊勢エビの天プラやら、もうねぇ、大食漢でブイブイいわすこの私ですら、

ま、参りました!ホーント、堪忍して下さい!

などと、たちまち音を上げてしまうくらい超大量の料理が運ばれて来るのである!?

熊本県上天草市 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

もつろん、〆には、温泉で炊いたと言うご飯と牡蠣汁まで提供して頂き、
ボッテーン!と出っ張ったお腹に、更に追い打ちを掛け続け、
く、苦ひぃ。。。。。。

だもんで、結局、その晩、かなーりの量を余らせてしまった伊勢エビなどは、

熊本県上天草市 弓ヶ浜温泉 湯楽亭 伊勢エビの味噌汁

翌日、朝食の味噌汁として復活したりなんかしちゃったりしてね。

い、伊勢エビの味噌汁って、どんなんやねん!

豪華絢爛っちゅーにも、ほ、程があるっちゅうねん!

と言いつつ、これだけの内容で、カツーン!と「一泊二食付き、一人16,800円」ってんだから、
宿の方には頭が下がる。

みんなぱらいそさいくだ! おらといっしょにぱらいそさいくだ!!

天草はスゴイぞ!

弓ヶ浜温泉 湯楽亭 洞窟風呂ふたたび

弓ヶ浜温泉 湯楽亭

実を言うとやね。

ランチで利用させて頂いた「大空食堂」さんから、
今回宿泊させて頂く「湯楽亭」さんまで、およそ8kmと、結構、近い距離にあったんだけど、
あにはからんや、天草半島の先の先まで行かせて頂いたおかげで、
もう、パツーン!と往復150km!?も余計に走る事になってしまったのであーる。


大きな地図で見る

まさしく大馬鹿者。

我ながら、めーっちゃ無謀な事をしたなぁ、なのであーる。

従って―。

天草 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

超過酷な移動を経て、何とか、件の「湯楽亭」さんに辿り着いた時には、
私ゃ、ホーント、勘弁して欲しいくらいに疲労困憊。

すーっかりと草臥れ果ててしまっていたのであった。

ならば―。

天草 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

サッサと荷物を置いた後は、カツーン!と温泉だぜ、コンチクショーーーーッ!!

長旅の疲れを、ほっこり湯に浸かって、ゴシゴシと落とさせて頂くとしよう。

天草 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

ちなみに、「湯楽亭」さんは、「日本秘湯を守る会」の会員宿。

むふ^^いやぁ、しばらくぶりに、スタンプが1個増えるなぁ。

嬉しい。

しかも、ここの温泉は、かなーり湯の種類が豊富で、全国的にも、結構、珍しい部類に入るんだとか。

と言う事で、早速、ご紹介させて頂く事にしよう。

天草 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

先ず、最初の部屋でお目見えするのは、色が透明な単純温泉。
(弱アルカリ性 低張性 低温泉)

温めでヌルヌルした感触の奴なんだけど、何だか普通過ぎて面白くない。

なので、ちょっとだけ湯に浸かって早々に、私は、その奥の部屋へと進んで行く事にした。

するってーと、

天草 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

おぅ、おぅ、次なる部屋へ一歩足を踏み入れてみると、
床のタイルの上が、すーっかりと温泉成分で凝り固まってて、
見た目華やかなゴツゴツとした斑模様になっちゃってる!?

へぇ、結構、強力なもんなんだなぁ。
(歩くと結構痛い!)

天草 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

で、これらの温泉成分をドクドクと排出しているのは、このコッテリとした赤湯と言う奴。
(ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 等張性 中性 高温泉)

いやぁ、この手のお湯は、地元金沢では、中々お目に書かれないなぁ。

さすが秘湯!

しかも、このお湯にズッポシ身を沈めてみると、
ありゃま!?湯船の底にも温泉成分がウヨウヨ沈殿してて、何だかジャリジャリしてる。

従って、大変困った事に、座るとお尻がチクチクして結構痛いんだなぁ、これがまた・・・・・。

しょうがないので、やや腰を浮かべたまま、浸かる事にする。

そして―。

更にまた奥へと突き進むと。

天草 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

ィィヤッホーーーーイ!
私が愛して愛して愛してやまない露天風呂だぜ、コンチクショーーーーッ!!

何やよう分からんけど、内湯とまた色が違ってて、面白い。

と言いつつ、この露天風呂もバリバリに温泉成分が固まっちゃってて、
何だか、内湯以上にお尻が痛いんだな、もし~。。。。。。

天草 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

でも、ホーント、豪快な温泉だなぁ。

以前行かせて頂いた事のある「地獄温泉清風荘」とはまた違った、
めーっちゃ野趣溢れる源泉かけ流しの湯。

確かに、これだけ個性的なお湯は、滅多にない中々の長所であるに違いない。

ほんで、最後に、

天草 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

湯楽亭名物、洞窟風呂へと行かせて頂く事にする。

何でも、家族全員総出で掘られたと言う、渾身力作のお風呂なんだとか。

っちゅう事で、早速、中へ入ってみると、

天草 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

むむ?暗くて中がよく見えまへんがな。

と言いつつ、岩を刳り貫いた、文字通りの洞窟風呂なのであり、
試しに一声発してみると、ワンワンと残響音が響く。

この落ち着いた雰囲気も良いなぁ。

ただし、洞窟内もまた、やや温めのお湯だったので、
私が最も長居させて頂いたのは、パツーン!と源泉溢れる内湯の赤い方。

結局、晩2回、朝1回と、とーっくりと赤湯を堪能させて頂き、
イヤハヤナントモ、身体中、ビッシリ、湯の花だらけになったような感じ。

いやぁ、こりゃまたケッコウ!良い温泉なのである!

ちなみに、温泉成分がたっぷりと混じったこのお湯を、

天草 弓ヶ浜温泉 湯楽亭

どこにでも売ってる招き猫の置物にひたすら浴びせ続けると、
こーんな感じで上塗りされて、コチコチに固まってしまうんだそうな。

温泉と一口に行っても、ホーント、色んなタイプの温泉があるものであり、
自分が体験した事ない、未踏の世界に入って行く感慨と言うのは、全く何物にも代えがたい。

あぁ、これだから温泉巡りは止められないのであーる。

関連ランキング:旅館 | 上天草市その他

弓ヶ浜温泉 湯楽亭 洞窟風呂ふたたび はコメントを受け付けていません。