夜明けまで15,000マイル

私マンプリのトロピカルなマイレージ生活をセキララに語っちゃいます!
Home » 2011 » 4月

Hotel Buca di Bacco 予約状況

あらま!?

なーんやかんやとバタバタしている中に、
今夏の家族旅行、ナポリ・アマルフィ行きまで、残す所、後4ヶ月を切ってしまった。

いやぁ、ホーント、月日の経つのは早いものなのである。
(四十を過ぎてから特に・・・・・。)

で、いつものように、既に、幾つかホテルも押さえてあって、
今の所、イタリア・ポジターノで、ぐでんぐでん、

Hotel Buca di Bacco」が、ドッヒャーン!と第一候補。

なので、そろそろオトクなキャンペーンオファーが出て来ないかなぁ、などと、
時折、「Hotel Buca di Bacco」のサイトをチェックさせて頂いてたんだけど、

イタリア ポジターノ Hotel Buca di Bacco ホテルブカディバッコ

あれぇ?

4月の後半に差し掛かった当たりで、8月の私の旅程を使って検索してみると、
予約画面が、スタンダードタイプの部屋しか出て来ないようになってしまった。。。。。

試しに予約状況を確認してみると、

イタリア ポジターノ Hotel Buca di Bacco ホテルブカディバッコ

おりょ!?

結構、混み出して来てるやんか。

やはり、8月=夏のピーク時期、だけあって、
予約不可の日(赤色の日)が、かなーり増えて来ているのである。

うーむ、こんな塩梅じゃ、素敵なキャンペーンオファーなんて、あんま期待できないだろうなぁ。

ほんで、私の予約させて頂いた「Classic」タイプの部屋が、
こーんなに人気があるなんて思いもよらなかった。
(良いお値段の「Superior」や「Deluxe」タイプの部屋も、意外と結構な人気!)

夏までまだまだ日があると言うのに、こーんな時期から、ソールドアウトの日が発生して来てしまうとは、
「Hotel Buca di Bacco」、中々の繁盛店なのかもしれないなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Hotel Buca di Bacco 予約状況 はコメントを受け付けていません。

MacBook Airを買う

出張先。

あいや=!
手持ちのノートパソコンが、ぶっ潰れてしまったではないか~~~っ!?

と言う事で―。

MAC BOOK AIR

やむなくビックカメラで「MacBook Air」を御新調。。。。。。
(13インチ フラッシュストレージ256GB)

ついでに、「Apple USB Ethernet アダプタ」も購入させて頂いてっと。

しっかし、ネットで買えば、もう少し安くなったと言うものを、
何を要らん金を使っているのかなぁ????

と言いつつ、パソコンが無かったら、業務上、非っ常に差し障りがあるので、
まぁ、この突発経費も仕方がないか。

ほんで、ホーント、久しぶりのMac機なので、
あれ?カタカナ変換ってどうやるんだっけ?
なーんて超初心者状態も良いトコなんだけども、
いやいやいや、
サクサク動くし、結構、快適、快適。

重量も、公式1.32 kgと言う事だし、
1gでも手荷物重量を減らしたい出張用途に限って言えば、バッツシ、OK!

しばらく格闘させて頂きますわ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

第二東洋軒 とり天に馳せた夜

べっぷ野上本館」さんから歩く事しばし。

せっかくなので、JR別府駅の前にあると言う、

山は富士 海は瀬戸内 湯は別府

でお馴染みの、

JR別府駅前 別府観光の父、油屋熊八

油屋熊八翁の銅像を見に出掛けた。

いやぁ、良えわぁ、コレ。

噂通りの奇天烈千万な恰好に、心底、惚れ惚れしてしまう。

別府市民の懐の広さと言うべきか?
普通、こんな銅像を、おっ建てたら、ふざけんな!と言う苦情が殺到しそうだもんなぁ。

別府は実に粋な街なのである。

さて―。

別府の夜 北浜

その夜、もつろん、「べっぷ野上本館」さんでは夕食を付けてなかったので、
パツーン!と外へと繰り出す事にした。

行き先は、従前から是非一度訪れてみたかった店、
私のようなオッサンには大層誘惑の多いネオン街の一角にある、

第二東洋軒 北浜

第二東洋軒 北浜店」。

何でも、とり天発祥の店なんだそうな。

と言いつつも―。

第二東洋軒 北浜

ここのご主人、昔、某ハムメーカーに勤務なさっていた事があるのだそうで、
こうしてメニューに自家製ソーセージも提供して下さっているのであり、
しかも、これがまた、実に実にンマイのである!

いやはや、市販されているようなソーセージとは、ぜーんぜんジューシーさとか触感が違う。

おかげで、食べ盛りのMY SONに、ほっとんど平らげられちゃう事になったんだけど、
いや、ホーント、ついつい癖になってしまいそうな味なのであり、従ってビールもグビグビ進んでしまう。
(非っ常に惜しむらくは、生はアサヒビールがデフォルト。)

第二東洋軒 北浜

ほんで、何気ないメニューの一つ一つ取ってみても、ホーント、良心的なのであり、

第二東洋軒 北浜

牛肉のタタキも、抜群にンマかった!

第二東洋軒 北浜

また、MY SONが注文したハンバーグを試しに一口もらってみると、
あぁ、拝みたくなるくらいに、肉が香ばしいこと、香ばしいこと。

デミグラスソースも濃厚百発。

うーむ、これは丸々ガッツリ頂きたくなっちゃう一品だなぁ。

第二東洋軒 北浜

で、待望のとり天も、もうねぇ、鶏肉の味がきちんと乗ってて、
大分地鶏の優秀さを、しみじみ感じさせられる。

衣もパリっ!と揚がっていて、かぶりつく度に、むほっ、極楽、極楽。

第二東洋軒 北浜

ほんで、非っ常にありがたい事に、大分版だご汁をサービスして頂いて、
ふにゃぁ、およそ一年振りのだご汁は、やっぱ、涙がチョチョ切れるくらいに、ンマイのだ~。

ちなみに、熊本版だご汁は、「だご」が団子のようになっているのに対し、
大分版だご汁は、「だご」がきしめんみたいになっている。

第二東洋軒 北浜

また、サービス品は、だご汁ばかりではなく、
ナント、奥様手作りだと言うロールケーキもお土産に頂いてしまった。

中にイチゴが忍ばせてあるのが実に心憎い。

まとめてみると、正直、この店に寄りたいがために、別府と言う街に訪れてみたくなると言うくらいに、
私ゃ、カツーン!カツーン!カツーン!と気に入ってしまった!

あぁ、「別府ナポリ」、まさしく正鵠を得ているに違いないのである。

関連ランキング:居酒屋 | 別府駅

ブログランキング・にほんブログ村へ