夜明けまで15,000マイル

私マンプリのトロピカルなマイレージ生活をセキララに語っちゃいます!
Home » Archive by category '特選!ご当地グルメ(東北編)'

北洲飯店 バクダンラーメンに散る

北洲飯店 バクダンラーメンに散る

昨年初めて行かせて頂いた秋田県

で、何やよう分からんけど、それほど日を置く事もなく、再度、訪れる機会にも恵まれ、
さすがに、もうしばらくは秋田に行く用事もないやろー、
と高をくくっていた所、先般、見事に、3度目の秋田行きが決定。

2月中旬、もう、張ーり切って行って来たのであーる。

と言う事で―。

毎度お馴染み、みちのくグルメシリーズ秋田編、今夜は、

秋田市川反 北洲飯店

川反にある老舗、「北洲飯店」さんへ、行かせて頂いた時のお話。

久しぶりに馴染みの呑み屋に顔を出してみると、
話の流れで、ある名物店を教えて頂いたのであった。

それが件の「北洲飯店」さんだったんだけど、
せっかくの事である、帰り途に、早速、寄ってみると、

秋田市川反 北洲飯店 餃子とビール

むほっ^^

もう、とっくのとうにグデングデン状態だっつーのに、

取りあえずビール

取りあえず餃子

などと、いつものように、ついつい調子こいてしまう、この私。

いやぁ、これがまた、ナントモハヤ、実に黄金の組み合わせなのだなぁ。

そして、餃子は、結構、デカくて、実に食い応えがある。

中々ンマイ!

そして、大層、気を良くして、グビグビ、コップを空けていると、

秋田市川反 北洲飯店

ふと目に飛び込んで来た

 バクダンラーメン、激辛!

と言うメニュー短冊。

むふ^^

実は、この店へやって来た理由の一つっちゅのが、
このバクダンラーメンと言う一品なのであーる。

しかも、ナント、1,300円と言う、これまた爆弾価格!?

一体、どーんなもんが登場して来るのだ?????
などと、めーっちゃ身構えながら、恐る恐る、注文させて頂くと、

秋田市川反 北洲飯店 バクダンラーメン

な、

な、

なんですと~~~~~っ!

一体全体、ナーンナンデスカ!?この真っ赤っ赤な汁は!?

オロチョンラーメンが、まるで霞んで見えるくらいの超ド迫力!

しかも、器も器で、結構、デカくて、さながら、すり鉢のように、
普通サイズのラーメン鉢の、およそ2倍程の大きさがあるのである。

もう、どうしろと?

と言いつつ、これこそ、自ら望んで得た、川反名物、バクダンラーメン、
よ、喜んで、行かせて頂きます。。。。。。

するってーと。

秋田市川反 北洲飯店 バクダンラーメンの麺

げーんばーく頭突きーーーーーっ

げーんばーく頭突きーーーーーっ

げ、げんばく・・・・・・。

もうねぇ、正直、辛いとか、激辛とか、もう、そーんな次元を通り越して、
一口一口啜る度、
舌の感覚が急速に失くなって行くわ、頭の天辺から次から次へとドクドク汗が吹き出してくるわ、
ホーント、いっその事、あたしを殺して!的なスンゴイ味。

何しか、この文章を書いてる傍から、
思い出して、汗が止めどもなく溢れて来る位の、ドエライ代物なのである!?

あぁ、1,300円はダテじゃない!

確かに、名物料理に違いなし!

ま、参りましたーーーーーっ!

関連ランキング:中華料理 | 秋田駅

北洲飯店 バクダンラーメンに散る はコメントを受け付けていません。

コロッケの富松のスットコドッコイ

コロッケの富松のスットコドッコイ

ホーント、ひっさしぶりの上野駅

で。

そっから、どこへ向かったのかっちゅーと、
私、人生お初となる、

JRいわき駅

福島県は、いわき市へ行って来たんだよ~~~ん!
(上野から2時間ちょっとも掛かったっちゅうねん!)

で。

何やかんやと野暮用をやっつけ、最終日、
私は、ホテルの近くにあった、

福島県 JRいわき駅前 コロッケの富松

「コロッケの富松」さんへ寄ってみる事にした。

いやぁ、ナント、良い面構えだことよ。

もう、めーっちゃ芳しき昭和ロマンがブイブイ伝わって来て、
大衆食堂評論家魂がシュボッ。

しかも、あーた、私、大好物の、こ、こ、コロッケ専門店なんですぞ!

そらぁ、是が非にでも、食ってみなければ!

と言う事で―。

福島県 JRいわき駅前 コロッケの富松

コロッケお一つ110円をテイクアウト。

パクッ。

ムホッ。

熱っ!

もう、揚げたても揚げたて、ホックホクなんだべさぁ。

しかも、ソースが無くとも、しっかりジャガイモの味が乗ってて、
プラス、塩コショウが良い塩梅で練り込んである。

めーっちゃンマイ!

と言いつつも―。

惜しむらくは、これまた、私大好物のメンチカツもパツーン!と食べてみたかったんだけど、
実は、富松さんへ来る前に、ランチを食って来たばっかしだったんだな、これがまた。。。。。。

あぁ、口惜しや、口惜しや。

この借りは、是非、次回の時に。
(って、いつやねん!)

関連ランキング:デリカテッセン | いわき駅

コロッケの富松のスットコドッコイ はコメントを受け付けていません。

米沢牛亭ぐっど 雪崩式フランケンシュタイナー

米沢牛亭ぐっど

結構、前の話。

出張で山形へ

そして、何やよう分からんけど、米沢まで出向く。

ちょうどお昼時に差し掛かったものだから、
ここは一つ、もう、ドッヒャーーーーーン!と本家本元の米沢牛を食べてみたじゃぁあ~りませんか!

と言う事で―。

米沢牛亭ぐっど 店前

私は、ぶらり、「米沢牛亭ぐっど」さんへと立ち寄る事にした。

何でも、お肉屋さん直営のお店なんだそうな。

米沢牛亭ぐっど 米沢牛のポスター

で、店内に入ったら、早速、米沢牛のポスターが、パツーン!と目に飛び込んで来て、
いやぁ、良いサシの入った綺麗な肉だなぁ、と惚れ惚れ。

米沢牛亭ぐっど ランチの定食メニュー

ほんで、意外と、カツ丼やらカツカレーやら、普通の定食屋みたいなメニューも並んでおり、
思わず、大衆食堂評論家魂に、クイッと火が点きそうになっちゃったんだけど、
やっぱ、ここは初心貫徹、少々、値は張るが、思い切って牛ロース焼肉重で大勝負!

するってーと。

米沢牛亭ぐっど 牛ロース焼肉重

ウ、ウヒョーーーーーーッ!

ついに本場の米沢牛が御登場だぜ、コンチクショーーーーーーーッ!

米沢牛亭ぐっど 牛ロース焼き肉重

と言いつつ、焼肉重と言うより、何やらスタミナ丼みたいな感じなんだけど、
いやいやいや、
やっぱ、見た目で判断したら、あきまへん!

これがまた、お肉が柔らかくて柔らかくて、しかも、肉汁が口ン中一杯に、じゅ、じゅわぁ。

プラス、ご飯もご飯で、ツヤッツヤで、頗るンマイ!ものだから、
あいや=!お肉とご飯の絶妙なコラボレーションが、も、もう、堪りまへ~~~~ん!

従って、夢中で掻き込む。

貪るように食う。

たちまち幸せな5分間が過ぎる。

お姉ちゃん、お代わり!

なーんて事も言えるはずもなく、オッサンはオッサンらしく、その余韻を噛みしめるように立ち去る。

米沢は、涙がチョチョ切れるくらい実に良いトコだ。

関連ランキング:ステーキ | 米沢駅

米沢牛亭ぐっど 雪崩式フランケンシュタイナー はコメントを受け付けていません。