夜明けまで15,000マイル

私マンプリのトロピカルなマイレージ生活をセキララに語っちゃいます!
Home » 2014 » 9月

HOTEL DIANAで朝食を

HOTEL DIANAで朝食を

翌日は、意外とすっきり目が覚める。

やっぱ、欧州って、時差ボケに往生させられる事が少ないのが良い。

前の晩、お望み通り、ベランダの椅子に踏ん反り返って、
結局、ワインを3杯くらい呑み干した所で、記憶が徐々に遠退いて行き、
それでも、何とかベッドに潜り込む事には成功していたようで、
私は、のっそりと起床した。

そして、朝8時くらいに朝食を食べに行く。

HOTEL DIANA 朝食 パンの種類多し!

私が前日最初に車を停めた所が、ちょうどホテル直営のレストランであり、
朝食は、そこで頂く事ができる。

コンチネンタルブレックファーストだが、パンの種類は殊更多い。

HOTEL DIANA 朝食のクロワッサン

しかも、種類が多いだけではなく、これらのパンはどれも焼きたてで、
このクロワッサンなど、もう、涙がチョチョ切れるくらいに、ンマーイ!のである。

本日の朝食なり!

そして、テラス席に座って、セッティング完了!

と言いつつ、こんがり焼いた食パンは、バターを厚く塗り込み、

トーストとチーズとベーコン

ベーコンとチーズをサンドしつつ、バクっとやるのが大好き。

恐らく、古ぼけた中年の身体には決して良くないのだろうが、
精神的には、

カ・イ・カ・ン!

超快感なのである。

ま、旅行中くらいは、トトロっ腹の事などスッパリ忘れて、
不摂生バンザイ!を謳歌しようではないか!!

ヨーグルト

と言いつつ、ヨーグルトで腸をきちんと整えてっと。

イタリアにしてもスペインにしてもフランスにしても、
矢鱈と濃厚なヨーグルトばかり並べてあるのだけども、
これに慣れると、日本のヨーグルトが非っ常にマイルドに感じてしまうなぁ。

コーヒーと灰皿

そして、ここは、喫煙者に対して実に寛容な国スペイン!

テラス席には、ちゃーんと灰皿が備えられており、
煙草に火を点けると、たちまち至福な時が訪れ、
少々苦めのコーヒーを片手に、コスタブラバ特有の大らかなる陽の光を・・・・・・。

トッサデマール二日目の天気はどんより・・・・・。

コスタブラバ特有の大らかなる陽の光を・・・・・・。

こ、コスタブラバ特有の・・・・・・って、思いっきり、曇ってるっつーの!

しかも、張ーり切ってテラス席に陣取ってはいたものの、
実を言うと、結構、肌寒くもあったのである。。。。。。。
(後でネットで調べてみると、この日は最高気温17度C!)

お天気ばかりは読めましぇーん!

あぁ、せっかくのバカンスなのに、一体、ナーンナンデスカ!このどんよりとしたお天気は!!

普段、見慣れてるはずの能登はいらんかいね的な曇り空に堪らず目眩を覚えつつ、
2014年夏、今年のビーチ・バカンスは、かくして、とにもかくにも始まったのであった・・・・・・。

HOTEL DIANAで朝食を はコメントを受け付けていません。

トッサデマール レストラン巡り 第一夜 La piccola nostra編

トッサデマール レストラン巡り 第一夜 La piccola nostra編

トッサデマールに来ての初日は、お城見物で終了。

一旦、ホテルに取って返し、しばらく休憩していると、たちまち夕食の時間となった。

しかし、一度腰を据えてしまうと、外に出る事でさえ、何だか億劫になってしまうもの。

無論、長旅の疲れもある。

だったら、近場で済ましますか。

トッサデマール 繁華街

重い腰を上げ、ホテルを出る。

ホテルの裏側は、ちょうど繁華街になっており、
小洒落た土産物屋やブティック、レストラン等々、色んな店が軒を連ねていた。

トッサデマール La piccola nostra

で、ちょっと歩いて、そこそこ安そうなレストランを見つけると、
(体験上、「Pizzeria」と書かれていれば、そんなにお高い店ではない)
私はするりと飛び込んでみる事にした。

La piccola nostra」。

トッサデマール La piccola nostra ビール

エジプトから出稼ぎにやって来ていると言うウェイターのお兄ちゃんに、
オープンテラスの一番前の席に通されると、私ゃ、開口一番、

「Beer please!and big one!」

バカはどこへ行っても、言う事は同じ

お疲れさんビールをグビグビ飲み干すと、
かぁっ、五臓六腑に染み渡るなぁ。

そして―。

トッサデマール La piccola nostra ローマピザ

ビールをお代わりして半分くらい空けた頃に、
注文しておいたローマピザが焼き上がる。

早速、手掴みで、ワンピース。

すると、おほっ、チーズが伸びる伸びる!

堪らず、バクッとやる。

ンマーイ!

いやぁ、日本で食べるのとでは、断然、チーズ(の味)が違うのだなぁ。

トッサデマール La piccola nostra イベリコ豚

ほんで、スペインに来たなら是非とも食いたい物の一つ、
イベリコ豚も、もつろん、注文させて頂き、ビールのアテに華を添える。

ピザの上に乗っけてもンマイ!

私は、たったこれしきの事だけで、
トッサデマールと言う街に、大層魅了されてしまい、
ビールを持つ手が弾んだ。

と言いつつ、さすがにお疲れだったのだろう、
何しか、はるかバルセロナから車を飛ばし、
ホテルにチェッインするなり、お城に登ってキャッキャ燥いでいたのである。

たったビール3杯で、ドヨーンと眠気が襲って来た。

トッサデマール La piccola nostra ティラミス

と言いつつ、〆のデザート、ティラミスアイスは、しっかと頂き、

トッサデマール La piccola nostra 〆のアメリカンコーヒー

濃い目のアメリカンコーヒー(?)を啜って、眠気をシャキッとさせる。

何しか、私には、この後、素晴らしいイベントが待っているのだ。

近くの売店で、スペインワインを、しこたま仕入れ込み、
ベランダの椅子に保たれながら、存分にヘベレケになってやろうと言う寸法なのだ。

もつろん、海の向こうに見える小高い丘と共に。

トッサデマール レストラン巡り 第一夜 La piccola nostra編 はコメントを受け付けていません。

バルセロナ・トッサデマール 渡航計画 覚書

バルセロナ・トッサデマール 渡航計画 覚書

近頃、矢鱈と物忘れが激しい、この私・・・・・・。

見事に、オッサン化してしまっているようだ。

ふと気がつけば、毎年恒例、≪覚書≫についても、するりと失念しちゃってるし。。。。。。

≪覚書≫は、自分にとっては、備忘録のようなものだから、結構、大事なのである。

と言う事で―。

大変遅まきながら、ざっとした旅行費用について、下記に留めさせて頂く事にしよう。

≪覚書≫

【初日】 フランス・パリ
ハイアット リージェンシー パリ – シャルルドゴール
□ Room Type ツインルーム
□ Rate : €119.2×1泊
(€1=139.564円 : 16,636円)

【2日目~8日目】トッサデマール
HOTEL DIANA
□ Room Type : Double Room with Sea Views
  Offer : Special deal for you (-10%) *
□ Rate : €219.5×6泊=€1,317
(€1=139.356円 : 183,531円)

【8日目~9日目】 フランス・パリ
「Park Hyatt Paris-Vendome」
□ Room Type : Gold Passport Guest Room
□ Type of Rate : Award
□ Point : 22,000ポイント(1部屋)×1泊=22,000ポイント

◇ エールフランス ◇
パリ~バルセロナ往復(家族3人分) : 73,980円
キャンセルに伴う税金等の戻し : ▲8,880円
差引 : 65,100円

◇ EUROPCAR ◇
エコノミークラス(VW GOLF AUTO)6泊7日 : 50,005円

JAL
燃油税等 : 51,590円
キャンセル料、税金等 : 14,620円

うーぬ、人数が減ろうが、掛かった旅行費用は、大して変わらぬものなのだなぁ。

もつろん、ユーロ高の影響は、すこぶる大きい。
(昨年は、€1=131円くらいだった)

また、AF便は、リファンド不可の運賃で取ってあったから、
しょうがないとは言え、ほっとんど、お金は返って来ずに、
家族3人分のエア代が、丸々掛かってしまっている。

と言いつつ、ホテルは2部屋押さえてあったから、
1部屋分はキャンセルさせて頂き、その分は、浮いた計算になる。
(キャンセル料は無料)

高い高い燃油税等の支払いについても、一応、二人分は助かってはいる。

何より、現地での食費の使い方が、ぜーんぜん違った。

やはり、独りで食べるのは、かなーりお安く済むのである。

だが―。

多少お金は掛かっても、旅行は、やはり、家族達と一緒に、ワイワイ言いながら行きたいのである。

是非、来年こそは!なーんて思いつつも、

MY GOD!
そう言や、MY SONのお受験が控えているのであった。。。。。。。。

再び、一人旅になってしまいそうな感じだなぁ。