夜明けまで15,000マイル

私マンプリのトロピカルなマイレージ生活をセキララに語っちゃいます!
Home » Archive by category '特選!ご当地グルメ(九州編)'

中津からあげ 総本家もり山 三光本店 ブライアント・ランチ

中津からあげ 総本家もり山 三光本店 ブライアント・ランチ

ちょっと前の話。

大分出張

何やよう分からんけど、中津市まで行く用事があったので、
それなら、せっかくの事である。

中津といえば、かの有名な―。

中津からあげ 総本家もり山 三光本店

「中津からあげ」があるではありますぬか~~~~~っ!?

っちゅう事で、もう、ドッヒャーーーーン!と「中津からあげ 総本家もり山 三光本店」さんへと
馳せ参じる事にしたのであった。

で、いざ行ってみると、上から下まで、後ろから前から、あぁ、昭和ロマン

昭和レトロ

寂びた店前で、一人佇み、感服しきり。

もうウットリなのである。
(アルミ製のドアが、ナント、香ばしいことよ!)

ほんで、私ゃ、エライ勘違いをしていたんだけど、
「中津からあげ」って、イコール、からあげ定食なのかと思っていた。

ところが、いざ、お店に入ってみると、使い古されたテーブルが一つと、
その周りにポンポンとパイプ椅子が並べられてあるだけで、
どうも、店内で食べて行くような雰囲気ではない。

テイクアウトが主なのである。

と言いつつ、幸い、私の他に、お客さんもいなかったので、
そのパイプ椅子を目掛けて、すかさず腰を下ろし、
手書きのメニューから、適当にオーダーを試みてみる。

するってーと。

中津からあげ 総本家もり山 三光本店 唐揚げ200g

「骨付き唐揚げ」200gが、たちまち揚げ上がり、
ィィィィヤッホーーーーーイッ!
この出来たてアツアツの唐揚げに、小躍りしてムシャブリついて行く。

もつろん、

かぁっ!ンマカーーーーーッ!!

もうねぇ、普段、食べてる鶏肉とは、ぜーんぜん訳が違う。

やっぱ、九州の地鶏は、超ンマイ!

鶏肉自体に、ちゃんと鶏肉のうま味が乗っかっており、ベラボーにジュースィー。

プラス、にんにくをたっぷり調味した醤油タレが、もう抜群に良い塩梅で、
涙がチョチョ切れるくらい、ンマーイ!ンマーイ!ンマーイ!

当然、唐揚げ200gだけでは、お腹も膨れないから、

中津からあげ 総本家もり山 三光本店 手羽先唐揚げ

別途、「手羽先唐揚げ」200gもご注文。

これまた、めーっちゃンマイ!のである!!

手が脂でベタベタになっても、もう良い!

メタボっ腹も、気にしまい!

食べてる時間が、こーんなに愛おしくなる経験なんで、ホーント、久しぶりである。

せっかく頂いた夢心地、十二分にご堪能なのであーる。

中津からあげ 総本家もり山 三光本店 お茶

すると、お店のおばちゃん、私の大層な食い意地っぷりを見兼ねて、
温かいお茶を、すっと差し出してくれた。

ありがたい。

あぁ、でも、やっぱ、この素晴らしい唐揚げに、ご飯が付いてないんじゃぁ、
画竜点睛を欠くどころか、まさしく拷問である。

次回は、是非、唐揚げをテイクアウトして、どこぞで、おにぎりでも調達して・・・・・・。

夢は尽きぬブライアントな大分出張は、先月のこと。

関連ランキング:からあげ | 東中津

中津からあげ 総本家もり山 三光本店 ブライアント・ランチ はコメントを受け付けていません。

ラーメン専門 のり一 ストレンジャーな夜

鹿児島ラーメン ラーメン専門 のり一  ストレンジャーな夜

ちょっと前の話。

お仕事で、鹿児島出張。
(ほんに人使いの荒い会社だこと!)

で。

JR鹿児島駅前

実際行ってみると、JR鹿児島駅前は矢鱈と新しかった。

何やよう分からんけど、観覧車まであるし。。。。。。

ほんで、取り敢えず、荷物をホテルに預けて、イヤイヤ、張ーり切って野暮用を片付けると、
たちまち日が暮れ、たちまち付き合い酒が始まる。

そして―。

何とかお仕事に切りを付け、ようやく一人の時間を手に入れると、私は、

ラーメン専門 のり一  店前

パツーン!と〆のラーメン屋へ向かう。

「ラーメン専門 のり一」さん。

たまたま通り掛かったこの店の面構えに、ついつい見惚れて、
ふらふらと入り込んでしまったのである。

ところが―。

あぁ、私の野生の勘も捨てたもんじゃない!

当たりも当たり、まさしく大当たりの実に良い店だったのであーる!

ラーメン専門 のり一  ゆでたまご50円

カウンターの目の前には、こんもりとゆで卵が盛られており、
これが、ナント、1個50円の超お値打ちプライス!

しかも、皮を剥く用の小皿が、かなーり昔っから使ってるような金物製で、
大衆食堂評論家を惹き付ける、もう何とも言えない味を、バッシバシ放っている。

ほんで、このゆで卵が、またンマイ!

散々呑んだ後の胃を落ち着かせるような、ちょうど良いおつまみなんだわさ。

ラーメン専門 のり一  おにぎり50円

で、暫くすると、ラーメンのお供、おにぎりまで運ばれて来て、
もう準備万端、抜かりなし。

後は、私が、張ーり切ってオーダーさせて頂いた「ラーメン(中)」を待つばかり。

するってーと。

ラーメン専門 のり一  ラーメン400円

ヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲ!
これまた、呑んだ後にはピッタリ!

やや小振りの器に、窮屈そうに詰め込まれた麺の上には、
チャーシューが2枚、小気味良く並んでいる。

もやしも少々。

だが―。

こーれが、ナント、たったの400円ポッキリなのであーる!?
(後から仕入れた情報では、昼間は更にお安く、300円になるんだそうな。凄い!)

ラーメン専門 のり一  麺

しかも、非っ常にリーズナブルなお値段であるにもかかわらず、
一度、ズズズっと啜ってみれば、その真価が、たちまち分かる。

すなわち―。

もう、めーっちゃンマイ!のである!!

うっすらとしたスープの割に、ホーント、良い味が染み出していて、
これはもう、近場にあったなら、毎日でも食べてしまいたくなるような素ン晴らしい味!
(豚骨+鶏ガラスープなのだそうな。)

ほんで、この店には、デフォルトで下ろしニンニクも常備されている事から、
(もつろん、自家製。)
このニンニクをドサドサ入れると、更に更にンマイ!

いやぁ、鹿児島ラーメンも、実に実に奥が深い!

ペロリと平らげて、機嫌良く帰る。

仮面がするりと抜け落ちる。

しゃーわせ

関連ランキング:ラーメン | 高見馬場駅市立病院前駅天文館通駅

ラーメン専門 のり一 ストレンジャーな夜 はコメントを受け付けていません。

友永パン屋 別府グルメ奥の院

友永パン屋 別府グルメ奥の院

近頃、矢鱈と、もそもそパンばかりを食べ歩いている。

ところが―。

大変困った事に、食べても食べても、中々、これは!と言うパン屋さんに、
打ち当たらないんだなぁ、これがまた。。。。。。

いや、どの名店と呼ばれるパン屋さんに行っても、
確かに、それぞれ良心的な味で、それなりに美味しく頂けはするんだけど、
大変贅沢な事に、どうしても充足できない。

どこか物足りなく感じてしまうのである・・・・・。

やはり、あの店のせいなのだろうか?

そう。

こないだ、大分出張ン時に、たまたま入ったパン屋さんで、めーっちゃ感動し、
以来、その味を探し求めて、あちこちパン屋巡りに勤しむ羽目になってしまったのである。

そんな罪な店こそ、

別府市 友永パン屋 創業大正5年

別府市にある老舗のパン屋、「友永パン屋」さん。

ナント、創業が大正5年と言う、非っ常に由緒のあるパン屋さんだ。

別府市 友永パン屋 店内はエライ盛況!

ほんで、ほっとんど人通りのない、やや街の外れにあるにもかかわらず、店内は、エライ混雑振り。
(ちなみに駐車場も無い。)

しかも、地元の方と思しき方々が、5個、10個と、派手にドカンドカンまとめ買いされて行っているのである。

凄いなぁ。

別府市 友永パン屋 番号札

で、私も続けとばかりに、番号札を取って、果敢にそのまとめ買い戦線に参加させて頂く。
(番号札は、店の入口を入って、直ぐ右手に置いてある。)

別府市 友永パン屋 食パン

待っている間、ぐるりと周囲を見渡してみると、
店のあちらこちらに、食パンやら何やら、ガンガン積んであるが、
いやぁ、まるでイナゴのように押し寄せるお客さん達の事を考えると、
これでも全然足りないんだろうなぁ。

別府市 友永パン屋 パンを入れる木箱

しかも、そのパンを入れる箱も、今じゃもうどこへ行ってもお目に掛からない「木箱」の中に収められてあり、
(そう言や、私が小学生の時に、給食の配膳で見た記憶が微かに。)
使い古した傷の一つ一つに、ゆるりと店の歴史を感じさせられる。

そして、店のお姉ちゃん達が、めーっちゃテキパキと仕事されていらっしゃったので、
あっと言う間に、私の順番がやって来て、
私ゃ、何を頼んだら良いものか、皆目、見当も付かなかったから、
素直に、店のお姉ちゃんオススメのパンを、幾つか購入させて頂く事にした。

別府市 友永パン屋 あんぱん

先ずは、パン屋の定番、あんぱんである。

これがね、奥さん聞きました?の超お値打ちプライス!
たったの90円なのである。

にもかかわらず、

別府市 友永パン屋 あんぱん

中には、ドテーン!と餡が詰まっており、
ふわっふわのパンと一緒に頬張れば、

OH!

MY!

GOD!

ンマーイ!ンマーイ!ンマーイ!

めーっちゃンマーイ!のである。

恐らく、出来立て?と言う事もあるのだろうが、
いやいやいや、
こーんなにンマイ!あんぱんだったら、幾ら甘いモノが苦手な私でも、毎日、食べたくなってしまうぞ。

別府市 友永パン屋 バターフランス

ほんで、2個めに、バターフランス。

これも、たったの100円ポッキリ!

別府市 友永パン屋 バターフランス

カリッカリのフランスパン生地に、バターの香ばしい香りがピヨヨヨヨ~ン!と拡がり、
あぁ、どれだけでもムシャムシャ貪り尽くしたい味なのであーる。

別府市 友永パン屋 チョコレートパン

ほんで、最後に、私ゃ、子供ン時から、これが大好き!
パツーン!とチョコレートパンだぜ、コンチクショーーーーッ!

別府市 友永パン屋 チョコレートパン

程よい甘さと苦味が相俟って、もう、涙がチョチョ切れるくらい抜群にンマイ!

たかだか、チョコレートクリームが入ったパンなんだけど、
どうして、こうもンマイ!んだろう?

およそ高い素材を使っているって訳でもあるまいに。
(ちなみにチョコレートパンも90円)

職人さんの大いなる知恵と工夫がギュギュギュっと詰め込まれていらっしゃるのか?

それとも、老舗の伝統レシピがそれだけ凄いと言う事なのか?

たったの100円玉3枚で、これだけ感動できる逸品に巡り合えるとは思いもよらなかった。

いやぁ、良い店なのである!

と言いつつ、大分は余りにも遠く、
当分、この店に行く機会がないってーのが、非っ常に残念な所なのであり、
おかげで、あちこちパン屋さん巡りは、まーだまだ続く事になるのだなぁ。。。。。

関連ランキング:パン | 別府駅東別府駅