夜明けまで15,000マイル

私マンプリのトロピカルなマイレージ生活をセキララに語っちゃいます!
Home » Archive by category 'ラーメンでござる'

大喜 富山駅前店な師走

大喜 富山駅前店で富山ブラックラーメン

去年の話。

大晦日、何やよう分からんけど、私は、独りポツ然とJR富山駅の前に立っていたのであった。

こーんな年の瀬も押し迫って押し迫ってしょーがない日に、
仕事なんかさすなっつーの!

と言いつつも、ちょうどお昼時にもなったらば、自然、お腹も空いて来る。

寒い日には、何か、温かいものを。

しかも、わざわざ富山まで来てんだし、地元名産、富山らしい名物をば・・・・・・ハッ!

そうだ!ラーメンを食おう!

そう。

富山と言やぁ、ナンテッタッテ、富山ブラックの本家本元。

しかも、私ゃ、本場の富山ブラックなんて、今まで一度も食った事がない。

であれば、せっかくの機会なんだし、これを神が与え給うた一匙の僥倖と捉え、
私は、この界隈をブラブラ歩いてみる事にした。

んが―。

富山駅前、繁華街、
にもかかわらず、クローズしてる店ばっかしやんけ。。。。。。

そう。

何しか、もう暮れも暮れ、師走最後の日なのである。

世間一般では、とうに正月休みに入って家でのんびりTVでも見てる時期なのである。

やっぱ、開いてないよなぁ。

ところが―。

大喜 富山駅前店で富山ブラックラーメン

探せば、棒に当たるもの。

「大喜 富山駅前店」さんは、しっかと営業なさっていたのであった。

いやぁ、ありがたい。

地獄に仏の心境で、私は勢い良く暖簾を潜る。

すると。

中華そばの「小(並)」とご飯

が、が、ガツーン!!!!

偶然、発見したお店が、ナント、富山ブラック発祥の店。
(正式には、「西町大喜」さんが本店で、駅前店は支店の一つ)

しかも、ラーメンの種類が、中華そばの「小(並)」「大」「特大」しかないと言う潔さなのである。

ホーント、男前な店なのだなぁ。

で。

大喜 富山駅前店 富山ブラックラーメン 中華そばの「小(並)」

早速、注文させて頂いた中華そばの「小(並)」をズルズルやってみると、
あら、しょっぱ!

と言いつつ、雪国らしい、その塩っ辛さにも段々慣れて来ると、
妙な旨味が口の中に溢れて来て、ヲヲ!結構ンマーイ!ではないか!!

大喜の太麺

ほんで、めーっちゃ濃ゆい醤油味のスープには、
やはり、麺は、腕っ節の太いやつが良い。

荒々しく刻まれたネギと共に、麺を、アフアフ、頬張れば、
これがまた、ホーント、堪らないのである。

いやぁ、病みつきになっちゃいそうだなぁ。

大喜のチャーシュー

しかも、厚手のよく煮浸したチャーシューが、小振りの器の底の方に隠されており、
中華そばと言う割に、これがまた、ガッポリ、入っている。
(本来、メンマとチャーシューと麺を混ぜて頂くんだそうな)

これまた、太鼓っ腹をポンと叩けるような中年のオッサンには、
身も蕩けるような嬉しいサプライズ。

あぁ、これだから、地方名店巡りは、止められないのである。
(たまたま見つけただけだっつーの!)

関連ランキング:ラーメン | 新富町駅富山駅前駅富山駅

大喜 富山駅前店な師走 はコメントを受け付けていません。

真冬のチュー

真冬のチュー

こうもシバレルお天気が続いては堪らない。

雪、アラレ、雷、だけならまだしも、
それに北陸特有のさながらのような強風が加わって、毎日、毎日、寒いの何のって。

やっぱ、こう言う芯から冷えるような季節にゃぁ、ラーメンだよなぁ。

チュー 店前

そう。

ラーメンなのである。

たまたま通り掛かった所に「チュー」があったので、思わず飛び込んでしまった。

で。

チューのラーメンライス

本日のラーメンは、野菜味噌バターラーメン。

そして、もつろん、ライスも別途注文させて頂くと言う、豪華ハピネス仕様。

するってーと。

麺

器から湯気がホカホカと立ち上っている。

その上気の向こう側、凍える指先で不器用に箸を繰りながら細い麺をひょいと探り当てると、
勢い良く、ズルズルっと口に運ぶ。

いやぁ、ンマーイ!

「チュー」は、各支店で味がバラバラなんだけど、
ここの「チュー」は、私好みの実に良い塩梅であり、
オーソドックスな味噌味は、昔っから身体に染み込んでいる、あの味噌ラーメンの味だ。

どっちかってーと、8番ラーメンに近いかなぁ?

そして―。

餃子でーす!

この日は大奮発!餃子まで頼んじゃって、〆て、1,000円の桃源郷。

張ーり切って、仕事に向かう。

関連ランキング:中華料理 | 額住宅前駅乙丸駅馬替駅

真冬のチュー はコメントを受け付けていません。

納豆ラーメンの囁き

10月 24th, 2014 Posted in ラーメンでござる

納豆ラーメンの囁き

お昼時。

ちーとばかし小耳に挟んだ事があったので、私は、

↑

マイ・フェイバリット、「のぼる」さんへと出掛ける事にした。

で、何がそんなに気に掛かっていたのかっちゅうと、

納豆ラーメン メニュー

むふ^^

この度、納豆ラーメンを新しく始められたんだそうな。

と言う事で―。

納豆ラーメン

張ーり切って、噂の納豆ラーメンをご注文。

プラス、トッピング玉子とライスと言うオーソドックスな陣容。

んが―。

納豆ラーメン

納豆ラーメン・・・・・・。

確かに、納豆ラーメンなんだけど、
非っ常に残念な事に、ベースとなる京しおスープが死んじゃってるなぁ。

いや、これだけ食べたら、実にンマイ!のである!!

だけども、京しおスープの芳醇なコクを知るものにとっては、
この納豆ラーメン、
納豆の味が余りに強過ぎて、その独壇場になってしまい、
やっぱ、どうしても物足りなく感じてしまうのである。

「満来」は、濃い醤油ベースのスープだからこそ、
納豆と、見事、ミックスアップされているような気がする。

だったら、中華そばに納豆を乗っけた方が・・・・でも、ここの中華そばはあっさり系だからなぁ。

どうなんだろ?

ま、ラーメン好きの無い物ねだり、超わがままな話に違いないのだから、
次回は素直に、京しおラーメンでハッピー!

関連ランキング:ラーメン | 新西金沢駅西金沢駅西泉駅

納豆ラーメンの囁き はコメントを受け付けていません。