夜明けまで15,000マイル

私マンプリのトロピカルなマイレージ生活をセキララに語っちゃいます!
Home » Archive by category '2011年 南イタリア・ナポリ・アマルフィ海岸  FIT/家族旅行記'

ラヴェッロに浮かぶ

天空の城 ラヴェッロに浮かぶ

視界が開けて、おおぅ、ラヴェッロ!

今回の旅行は、全日、天気に恵まれ、ホーント、ありがたい限りなのであーる。

天空の城ラヴェッロ 中心街

やっぱ、せっかくイタリアまで来たんだもの。

もう、スカーッと晴れてるだけで、ぜーんぜん心持ちが違うやね!

天空の城ラヴェッロ

で、ラヴェッロと言う街は、山の上の方を切り開いて作った街なので、随分と小さい。

ブラブラ歩いても、2時間くらいで、あらかた見て回る事もできるのではないだろうか?

天空の城ラヴェッロ

ほんで、中心街を基点として、幾つか、小径が伸びており、
その通り沿いには、小ぢんまりとした街にはピッタリな、これまた小ぢんまりとした店が軒を連ねているので、
ぼんやり眺めて歩いているだけでも、実に楽しい。

天空の城ラヴェッロ

しかも、街中の至る所が、歴史を感じさせる古い古い造りになっており、
こんなレトロな雰囲気に、ついつい惹き込まれてしまうっちゅうのも、
それだけ自分が歳を食ったって事なのだろうなぁ。

天空の城ラヴェッロ

また、ラヴェッロって、「食」の街としても有名なのだそうで、
ミシュランガイド、★★を獲得なさったレストランもあるのだと言う。

と言いつつ、誠に残念ながら、私には、かなーり敷居の高い店なので、
端っから行ってみようと思う気すら湧いては来なかったんだけど、
(昼間っから、そんな贅沢はできまへん!)
やっぱ、パツーン!とラヴェッロの「食」も堪能してみたいではあ~りませんか。

と言う事で―。

天空の城ラヴェッロ スイーツ

にょほほ~~っ!

チマチマ、お菓子巡りなのであーる。

天空の城ラヴェッロ スイーツ

いやぁ、あちこち、庶民的なお菓子屋さんが、いーっぱい散らばってて、

天空の城ラヴェッロ スイーツ

甘いモノが大層苦手な私ですら、ンマイ!と思わされる逸品の多いこと!
(しかも見た目も華やかで綺麗!)

天空の城ラヴェッロ 皿

一方で。

ラベッロと言えば、やはり、陶器の街としても知られているのだそうで、
色鮮やかなお皿や、

天空の城ラヴェッロ 壺

彩色溢れる、でーっかい壺などが、バンバン、売っていた。

と言いつつ、さすがに陶器は重いし、嵩張るし、割れるかもしれないし、
(壺なんてそもそも家に置く場所もありまへんがな!)
結局、ラヴェッロでは、なーんにも買って来なかったんだけど、

天空の城ラヴェッロ

うーむ、ちょっとした小物ぐらいだったら、買って来ても良かったかなぁ?

天空の城ラヴェッロ

黄色やら赤やら青やら。

こーんなに多くの原色を散りばめるデザインは、
やっぱ、イタリアならでは!と言う感じがするんだもの。

そして―。

天空の城ラヴェッロ

つらつら街角歩きにも飽きてきたなら、そろそろラヴェッロのメインイベント、
Villa Rufolo」へと向かう事にする。

何せ、そこには、もうドッヒャーーーン!と、

天空の城ラヴェッロ

こーんな絶景が待ち構えているのだから。
(奥に見える街はミノーリ)

何でも、夏場のこの時期には、
「ラヴェッロ・フェスティバル」と言った音楽祭みたいなものが、毎夜、毎夜、開催されており、
そのために設置されているステージが、奥の風景に溶け込んで、いやぁ、ホーント、勇壮なんだなぁ。

天空の城ラヴェッロ

アホウは高い所が好きとは言うけれど、
イヤハヤナントモ、
こーんな景色を目の前にしたら、そら、絶景好きにもなるっちゅうねん!

と言いつつ、実は、もう一つの絶景スポット、「Villa Cimbrone」を見逃して帰る。

何せ、私ゃ、当たって砕けろ!現地へ行けば行ったで何とかなるやろ!的な男なものだから、
何かと、このような落ち漏れが多いのであーる。。。。。。。

はっきり言って、事前のリサーチ不足。

ま、次回、行く機会が訪れた時に、その絶景スポットは取っておきますか。

天空の城の居心地は最高に良い!

ラヴェッロに浮かぶ はコメントを受け付けていません。

アマルフィから天空の城ラヴェッロへ!

アマルフィから天空の城ラヴェッロへ!

いつものように、いつものごとく。
例のように、例のごとく。

昨年、行かせて頂いた南イタリア・アマルフィ旅行、

ちとアマルフィへ行った時の事を書かせて頂く事にしよう。

なーんて事を言いつつも、ぜーんぜん更新がなされていないと来たもんだ!?

と言う事で、およそ半年ぶりにはなるけれど、
ここらでパツーン!とその続きを書かせて頂く事にしよう。

アマルフィから天空の城ラヴェッロへ! フェリーから見るアマルフィ港

確か、

フェリーに乗って、アマルフィへ!

と言う所で筆が止まってたはず。

で、いざ待望のアマルフィへ家族共々乗り込んでみると、

アマルフィから天空の城ラヴェッロへ! ビーチ

あらぁ、ここのビーチも芋の子を洗う様なエライ混雑振り。。。。。

それもそのはず、このアマルフィ・ビーチ、ポジターノのビーチより心持ち狭いんだもの。

ズッポシ、ビーチライフを楽しむには、
どっちかってーと、ポジターノで泊まる方が良いのかもしれないなぁ。

とは言え―。

アマルフィから天空の城ラヴェッロへ! ビーチ

毎度、毎度、ビールでも軽く引っ掛けながら、ただただゴロゴロしていりゃ良い、
と言うような、まさしく私みたいなノンベにとっては、ビーチの広さなんて全く些細な事。

何せ、ホロ酔い加減で、

アマルフィから天空の城ラヴェッロへ! パッツンパッツンのビキニのお姉ちゃん

うほうっ!パッツンパッツンのビキニのお姉ちゃんだぜ、コンチクショーーーーーっ!

なーんて事を言ってりゃ、充分、シャーワセな奴なのだから。

さて。

アマルフィから天空の城ラヴェッロへ! バール(BAR) SITAバスチケット

そんなビーチに興じている大勢のウラヤマシスな方々を尻目に、
我々御一行は、一路、天空の城、ラヴェッロを目指す。

で、アマルフィからラヴェッロまで、SITAバスで移動しなきゃいけないので、
バールでバスの乗車券を購入させて頂いてっと。
(バールじゃなくて、タバッキだったかなぁ?)

アマルフィから天空の城ラヴェッロへ! SITAバスチケット

お一人様、€2.4。

何やよう分からんけど、「一日乗り放題券」と言う奴も売ってるそうなんだけど、
いやぁ、私のような、辿々しいボディランゲージしかできないような奴には、
ちーとばかしハードルが高かったんだなぁ。

結局、家族三人分、往復6枚を購入させて頂く。

アマルフィから天空の城ラヴェッロへ! バスの時刻表

で、一応、バスの時刻表を確認させて頂いて、確か、Scala行きに乗車したと思う。

15~30分間隔で、結構、バスの運行本数はあった。

アマルフィから天空の城ラヴェッロへ! バスの停留所

ほんで、そン時、最も困ったのが、
ラヴェッロへ向かうバスの停留所って、一体どこやねん?????

何しか、アマルフィは交通の要所だけあって、ポジターノ行きやらサレルノ行きやら、
あちこちに、ようけバスが停まってて、何やよう分からん?????

結局、道行く人に聞き倒して、聞き倒して、リサーチさせて頂いて、
どうやら、海を背にして右側の端、がラヴェッロへ向かうバス停である事が判明。
(上記の写真は、そのラヴェッロ行きのバス停)


大きな地図で見る

そして、そっからグワワワ~ン!とラヴェッロまでバス移動する事となったのだが、
ラヴェッロって、結構な山の奥の奥に位置しており、道中、クネクネ曲がっててしょうがない。

アマルフィから天空の城ラヴェッロへ! バスの中

しかも、さすが、ハイシーズンの8月!
バスの中も、めーっちゃ混んでるし。。。。。

アマルフィから天空の城ラヴェッロへ! アマルフィ~ラヴェッロまでの山道

また、ソレントからポジターノまでの海岸沿いの道も大概だったんだけど、
アマルフィからラヴェッロまで続く道も、かなーり急峻な崖の脇を走る道が多くて、
しかも、その道幅も細い細い!
(途中、一方通行の箇所もあり。)

何だか、北海道にあるカムイワッカの滝へと向かう道も、こんな感じだったような。。。。。。

アマルフィから天空の城ラヴェッロへ! ラヴェッロの中心街へ向かうトンネル

で、およそ20分くらい走っただろうか?
どうにかこうにか、目的地であるラヴェッロへと到着すると、
降り立ったバス停の直ぐ傍に、大きなトンネルが待ち構えていた。

何やよう分からんけど、皆、ゾロゾロとその先へ向かうので、
我々御一行も、そのまま、彼らに、くっついて行く事にした。

すると―。

アマルフィから天空の城ラヴェッロへ! ラヴェッロの中心街

視界が開けて、おおぅ、ラヴェッロ!

そこは小ぢんまりとした異空間、実に小粋に溢れるめーっちゃ良い街だったのであーる。

アマルフィから天空の城ラヴェッロへ! はコメントを受け付けていません。

パリ発サッポロラーメンの悲劇

パリ発サッポロラーメンの悲劇

何だか、最近、ラーメンの事ばかり書いているなぁ。

ま、せっかくなので、私が昨年行かせて頂いた、花の都、パリで食ったサッポロラーメンの事を、
ちと書き留めさせて頂く事にしよう。

パリ オペラ座 サッポロラーメン

ホテルがオペラ座の直ぐ近くにあったものだから、
その周辺の適当なレストランで夕食を済ませたんだけど、
その帰り道、ふっとサッポロラーメンの店を見つけてしまったのであーる。

ヲヲヲ!

これは、やはり、後学のために、是非、食ってみねば!

などと思い立ち、家人達は先にホテルへ戻し、
私は、単身、そのサッポロラーメンに乗り込んでみる事にしたのであった。

パリ オペラ座 サッポロラーメン

で、店内は割合広く、お客さんもそれなりに入っており、一見、結構な繁盛店に見受けられる。

でもね。

働いてる店員さんって、ほっとんど中国人の方ばっか・・・・・・。

厨房では、イーガコウテイとか、リャンガコウテイとか、
何だか妙に王将で聞き馴染みのある中国語が、バンバン飛び交っているのである。

おまけに、客席係のお姉ちゃんは、

ゴチュウモンハ、ナンニシマスカ?

なーんて、取ってつけた、たどたどしい日本語でオーダーを取ってくれちゃったりして、
コラコラ、どーこがサッポロラーメンやねん!

パリ オペラ座 サッポロラーメン

ほんで、私が座ったカウンター席からは、決して見たくもない物まで、実に克明に見えてしまって、
ナンナンデスカ?このテローンとした大雑把な盛り付けは????

い、いや、これは、まだまだ些細な方で、

パリ オペラ座 サッポロラーメン

出来上がった焼きソバの上には、ベッチョリ直接伝票を貼り付けてくれちゃって、
コラコラ、こーんな事してると、日本人の評判が大層下がってしょうがないっちゅうねん!

パリ オペラ座 サッポロラーメン

で、そうこうしている間に、私の注文したラーメンが、一応、運ばれて来たんだけど、
何ら予想を裏切る事なく―。

まず・・・・・・。

薄い薄い醤油と思しき味に、パクチーの薫りが程よくブレンドされ、
もうねぇ、何とも言えぬスンゴイ味を醸し出している!?

パリ オペラ座 サッポロラーメン

で、結局、完食する事など叶わずに、半分以上を残して、サッポロラーメンを後にする。

あぁ、見事に完敗・・・・・。

さしずめ中国四千年の歴史にコッテリ打ちのめされた余りに苦い夜であったに違いない。

だが―。

私ゃ、声を大にして、もっ回言わずばなりますまい。

コラコラ、どーこがサッポロラーメンやねん!

責任者出て来いっ!!

パリ発サッポロラーメンの悲劇 はコメントを受け付けていません。