夜明けまで15,000マイル

私マンプリのトロピカルなマイレージ生活をセキララに語っちゃいます!
Home » 2012 » 11月

秋の日のトパーズ

11月 28th, 2012 Posted in ミシュラン金沢

秋の日のトパーズ

冷たい風が、やや駆け足で頬を通り過ぎる。

多少身震いしながらも、するりと身体を車へ滑り込ますと、
何だかふと、ぼんやりとした午後を過ごしたくなった。

海の近くのレストランで、夏に出掛けたスペインについて、
ゆるゆるとした想いを馳せてみると言うのはどうだろう?

私は、自分から湧いて来たその提案を、とても良いものだと思い込み、
まるでバーテンダーから琥珀色の液体を並々と注がれたコップをうっとりと眺める老人のように、
まるで宝箱を手にしたばかりの爛漫な目を輝かせる子供のように、
はしゃいだ。

すると、ハンドルを握りながらも、その時切り取った記憶の断片が、自然に蘇り、
道中も非常に華やいだ空気が私を包んだ。

目指す先は、そう、さながら洋食の街、神戸を思わせるかのような素敵な場所。

大人の安息地と言っても良いのかもしれない。

そして、しばらくして、ようやく辿り着いた目的地に車を停めて、
もう直ぐ冬が訪れようとしている事をしんなりと予感させるような鈍色の空の中、
私は店の看板を見つめた。

看板

北野食堂

いやぁ、ついにやって来たぜ、コンチクショーーーーーッ!

デブ族オッサン科の聖地とも呼ばれるこの店は、
何でも、地元では、大層有名な食堂なんだとか。

店前

見よ!この威風堂々たるこの店構えを!!

ホーント、イイ味を醸し出しているではあ~りませんか!

私は、非っ常にワクワクしながら店の中へと入らせて頂くと、
何ら期待を裏切る事なく、

店内

素晴らしい!

「ジャンプ」がある、「マガジン」がある、そして、大衆食堂にはお馴染みの「美味しんぼ」がある。

ブラウン管の小さなTVは、一体いつから使ってんねん!的な興を加え、
壁に綺麗に並べられた短冊形のメニューは、まさしく昭和ノスタルジー。

で、こんな雰囲気に酔い痴れながら、私が悩んで悩んで注文させて頂いた一品っちゅうのがやね、

オムライス

もう、ドッヒャーン!とオムライスなのであーる!!

ところが―。

これがまた、噂通りの凄いボリューム・・・・・。

オムライス

一体、ナーンナンデスカ!?この厚みは!?

聞く所によると、オムライスにしろカレーライスにしろカツ丼にしろ、
ざっくり3合分のご飯を叩き込んで作るのが、この店のスタンダードなんだそうな。

あぁ、蕩けてしまいそう。。。。。。

とは言え―。

大衆食堂評論家の私めと致しましては、こりゃもう、果敢に挑んで行くしかない。

添えられたスプーンを右手に持ち、こんもりとした分厚い卵を威勢よく切り込んで行くと、
あらま!?

オムライス

オムライスの中身が、焼き飯!?

へぇ、いわゆる普通のケチャップ味のご飯を想像していたんだけど、
どうしてどうして、
この焼き飯版オムライスも、かなーりンマーイ!

これまた、一見ありそうなんだけど意外とない組み合わせだなぁ。

と言いつつ、四十半ばを過ぎた私のようなオッサンにとっては、
あぁ、途中でお腹が一杯になっちゃったよぅ!
やっぱ、3合飯の登山はかなーりキツイ!

まぁ、それでも意地と根性で何とか完遂しちゃった勇ましさ。

絵に描いたような無鉄砲な男は、
まーったく反省する事なく、まーたもや、血迷い街道に迷い込む事になり、
すなわち–。

非っ常にオトナゲナシ

関連ランキング:定食・食堂 | 加賀笠間駅

蕎麦好きが講釈垂れて一啜り

11月 25th, 2012 Posted in ミシュラン金沢, 蕎麦でござる

蕎麦好きが講釈垂れて一啜り と言いつつ、気分だけでも南国!

気が付けば、11月も、とうに半ばを過ぎてしまい、
北陸特有の強風波浪警報が、矢鱈とケタタマシク鳴り響く日々を無事潜り抜けたならば、
あぁ、今年もついにやって来たぜ、コンチクショーーーーーっ!
待望の新蕎麦シーズンなのであーる。

従って。

新蕎麦!

蕎麦好きが講釈垂れて一啜り

毎度お馴染み、「四季の庵」さんへと威勢良く駆け込むと、
いつも決まって注文する、一杯の掻き揚げそば。

いやぁ、今日は富に神々しいぞ!

新蕎麦!

しかも、ズルズル啜って一口で、
もう、グワワワワ~ン!と拡がる実に香ばしい蕎麦の香りに翻弄されつつ、
プラス、鼻の奥にバ、バ、バビューン!と突き上がって行く辛味大根も超鮮烈。

あぁ、もう、私ゃ、いつ死んでも良いくらいに、ノックアウト

北陸の冬が始まっている。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 北鉄金沢駅金沢駅野町駅

イタリア魅惑のビーチ《机直人著 》を買う

イタリア魅惑のビーチ《机直人著 》を買う

美食!

美しいビーチ!

綺麗なパツキンのお姉ちゃん!

なーんて事を夢見ながら
私ゃ、こないだ、ついつい、こーんな本まで購入させて頂いたのであった。

イタリア魅惑のビーチ《机直人著 》を買う

イタリア魅惑のビーチ 机 直人著」

残念ながら、現在は廃盤なのだそうで、中古本しか求める事ができないけども、
著者がイタリア全土を歩き周って、その中で特に気に入ったビーチばかりを紹介している良本。

しかも、著者自身がプロカメラマンと言うだけあって、
もう、最初っから最後まで、ビーチの写真がドッヒャーン!とテンコ盛り!

イタリア魅惑のビーチ《机直人著 》を買う

いやぁ、もう、この本を眺めているだけで、ホーント、ムラムラとして来てしょうがない。

もつろん、次年度に渡航予定のシチリアについても、パツーン!と網羅されており、
私の目指す、パレルモ近くにある某ビーチの写真も、ちゃーんと載っていた。

あぁ、こーんな透っけ透けのビーチに寝っ転がって、
朝から晩まで浴びる程ビール三昧できたなら、どんなに幸せだろう?

来年の予定なんざ、さーっぱり分からないけど、
Don’t Worry, Be Happy!

イタリア魅惑のビーチ《机直人著 》を買う はコメントを受け付けていません。