夜明けまで15,000マイル

私マンプリのトロピカルなマイレージ生活をセキララに語っちゃいます!
Home » 2013 » 6月 » 15

霧島国際ホテル ディープ・ライジング

霧島国際ホテル ディープ・ライジング

そろそろ大分飽きが来てる読者の方もおられようが、
いやいやいや、
まーだまだ、しつこく続く九州旅行の話。

正直、細かい部分は、段々、記憶が怪しくなっては来ているものの、
(だって、もう2ヶ月も経っちゃってるんだもの!)
それがまだぼんやりと輪郭を留めている中に、サクサク話を進めさせて頂く事にしよう。

九州旅行三日目の夜は、霧島温泉だった。

霧島国際ホテル 玄関

そう。

私が昨年浸かって、めーっちゃ感動したあのお湯よ再び!

と言う事で、今回は、「霧島国際ホテル」さんを利用させて頂いたのであった。

霧島国際ホテル 部屋からの眺望 湯煙!

そう言えば、霧島温泉って、霧島◯◯ホテルって名称が、矢鱈と多いなぁ。

昨年泊まったのは「霧島みやまホテル」さん。

それ以外にも、「霧島観光ホテル」だの、「霧島ロイヤルホテル」だの、
ただ単純に「霧島ホテル」なーんて言う奴もある。

おかげで、自分が予約したホテルの名前を、
危うく忘れてしまいそうになってしまったっちゅうねん!

霧島国際ホテル 部屋

でも、まぁ、この「霧島国際ホテル」さんは、比較的料金もお安く、
(一人6,800円の朝食付き。別途、入湯税180円。)
従業員の方々も非っ常に愛想らしくて、いやぁ、中々、良いホテルなのである。

そして―。

霧島国際ホテル 廊下

たちまち荷物を部屋に放り込んだならば、
ィィィヤッホーーーーーーイッ!
温泉♪温泉♪温泉ターイム!なのであーる!!

このホテルには、複数の温泉があるようで、
取りあえず、「別館露天風呂 白紫」と言う奴に向かう事にした。

霧島国際ホテル あっと驚く為五郎

何やよう分からんけど、長い長い渡り廊下の壁には、
昔の映画のポスターが、あちこち飾られてあったりして、結構、面白い。

そして、そんな昭和の香りを頂きつつ、ようやくお目当ての露天風呂まで何とか辿り着くと、

霧島国際ホテル 露天風呂

ヲヲヲヲヲヲヲヲ!

こりゃまたケッコウ!

指パッチン!

と言う事で、張ーり切って、いざ白濁の快楽へ!

するってーと。

霧島国際ホテル 露天風呂

いやぁ、およそ一年ぶりとなる「単純硫黄泉」。

この独特の硫黄臭は、やっぱ、温泉好きには堪らない匂いなんだなぁ、これがまた。。。。。。

しかも、このお湯、さっすが源泉かけ流し!めーっちゃ熱いのである。

足を浸けた瞬間、思わず逃げ出してしまいそうになるくらい、もうチンチンなのである。

だが―。

ここで怯んではいけない。

最近、私は分かって来たのである。

お湯は、熱けりゃ熱いほど、気ン持ち良いのである。

熱いのをグッと堪えて堪えて、パツーン!と悪い汗を絞り出し、
フラッフラになった後で呑むビールが、もう涙がチョチョ切れるくらいンマーイ!のである。

霧島国際ホテル 馬鹿と露天風呂

従って、そんな、キンキン、冷え冷えのビール三昧を夢想しながら、
こーってりと白濁の湯に浸かりつつ、
至極ご満悦な時間は、飛ぶように走り去って行く。

あぁ、やっぱ、霧島のお湯は格別だぜ、コンチクショーーーーッ!

もつろん、霧島の夜は、「焼肉厨房わきもと」さんで頂くと決めているのであり、

霧島国際ホテル 喫煙所

風呂上がりに軽く一服を挟みつつ、
霧島は徐々に男咲きの夕闇を迎える。

霧島国際ホテル ディープ・ライジング はコメントを受け付けていません。